0146Heat Of Emotion









米国コロラド産のメロハー・グループ、コートイン・ジ・アクトの2ndアルバム。アメリカのバンドらしからぬウェットなサウンドが特徴だったAxeの"弟分"バンドということで、1st同様このアルバムも叙情的なメロディとハーモニーがメロハー・ファンを喜ばせる作品となっています。ただ全般的な印象としては、Axeのカヴァー2曲を含め名曲・佳曲てんこ盛りで、楽曲に関してだけはFair WarningやPraying Mantisに迫ろうかという前作と比べると曲の出来にムラがあります。編曲も前作より平凡。もともと淡白な感じのサウンドでしたが、少し薄味すぎる感じ。もうちょっと味が濃いほうがいいかなと。リード・ギターも弾きすぎないのはいいとして、今回はなんだかテンションが低いしアラが目立ちます。うーん、全体にもうひとがんばりしてほしいところです。

メンバーはリーダーのダニー・マルティネズ(Gt,Vo)とアンツ・トゥルヒーヨ(Gt, Key)は変わらず、ベースはジェイムズ・ローステッター、ドラムはスティーヴ・スタンツにチェンジしています。プロデュースには前作と同じくAxeのボビー・バースがあたり、#7"Miles Away"ではバック・ボーカルにも参加しています。また、Axeのボブ・ハリスが#9"Can't We Make It"のバック・ボーカルに入っています。

なお、このアルバムにはゼロ・コーポレーションからリリースされた1996年盤と、東芝EMIから再発された1999年盤の2種類の国内盤があります。EMI再発盤には"Cold Sweat"(Thin Lizzyのカヴァー)と、"Far Behind"、"Can't We Make It"、"Say a Prayer"のライブ音源3曲、計4曲のボーナス・トラックが追加収録されています。ライブ音源は3rdアルバムOneのヨーロッパ盤にカップリングされているLive Over Germanyからの抜粋です。Live Over Germanyそのものの入手は難しいようですが、EMIから出ている1st~4thのボーナス・トラックとして全14曲が分割されて収録されているので、これらを買い揃えれば全曲を聴くことができます。筆者は再発盤を聴いていますが、"Cold Sweat"はこのバンドにあまり似合っているとは思えないし、取り立ててライブ・パフォーマンスが凄いということもないので、現在格安で手に入るゼロ盤で十分だと思います。

※コートイン・ジ・アクト(Caught in the Act)は、3rdアルバムからギルド・オブ・エイジズ(Guild of Ages)と改名しますが、このブログでは同じバンドとして扱っています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Far Behind
02. Heat of Emotion
03. Life Goes On
04. Endless Summer
05. Livin 4 Somebody Else
06. Fly Angel Fly
07. Miles Away
08. Say a Prayer
09. Can't We Make It
10. I'll Cry No More
11. Find My Way
12. Cold Sweat [Bonus Track]
13. Far Behind [Live]
14. Can't We Make It [Live]
15. Say a Prayer [Live]
All songs written by Martinez, Trujillo, Lostetter, Stuntz
except 9 by Barth, Martinez, Trujillo, Lostetter, Stuntz 12 by Sykes, Lynott

■Personnel
Danny Martinez - lead vocals, guitar
Anthony "Antz" Trujillo - guitar, vocals, keyboards
James Lostetter - bass, vocals
Steve Stuntz - drum,  vocals

Bob Harris - keyboards, background vocals
Eddie Guion - additional keyboards
Bobby Barth - background vocals

Producer - Bobby Barth