142Please Don't Leave Me










ジョン・サイクスがタイガース・オブ・パンタン脱退後に、シン・リジィーのフィル・ライノットの協力を得て録音した1982年ソロ・シングル"Please Don't Leave Me"に、同曲のショート・バージョン、インスト・バージョン、さらにタイガース・オブ・パンタンのシングル曲やライブをオマケにつけて1992年にリリースされたアルバム。タイガース・オブ・パンタンの粗い演奏は、今となってはNWOBHMの勢いを伝える資料的価値しかありませんが、プリティ・メイズもカヴァーした珠玉の名曲"Please Don't Leave Me"1曲だけで手放せない1枚です。この曲のメロディの美しさ、フィル・ライノットの哀しみを湛えたボーカル、ジョン・サイクスの情感溢れる泣きのギター、何度聴いても胸に迫るものがあります。シン・リジィーのブライアン・ダウニー(dr)とダレン・ウォートン(key)もレコーディングに参加しており、この後すぐにジョン・サイクスはシン・リジィーに加入するので、新生シン・リジィーの先駆け的な位置づけの1曲です。(星3つはアルバムとしての評価であって、"Please Don't Leave Me"そのものはもちろん星5つです)

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Please Don't Leave Me (Original Version) (J. Sykes/P. Lynott)
02. Don't Take Nothing (Tygers Of Pan Tang)
03. Bad Times (Tygers Of Pan Tang)
04. All Or Nothing (Tygers Of Pan Tang)
05. Don't Give A Damn (Tygers Of Pan Tang)
06. Please Don't Leave Me (Short Version) (J. Sykes/P. Lynott)
07. Slave To Freedom (Live) (Tygers Of Pan Tang)
08. Raised On Rock (Live) (Tygers Of Pan Tang)
09. Paradise Drive (Tygers Of Pan Tang)
10. Love Potion No.9 (Tygers Of Pan Tang)
11. Please Don't Leave Me (Instrumental Version) (J. Sykes/P. Lynott)

■Personnel
John Sykes – guitars
Philip Lynott – vocals, bass guitar
Brian Downey – drums
Darren Wharton – keyboards