132Heavens Edge










アメリカのHR/HMバンドHeavens Edgeのデビュー・アルバム。見た目も音もLAメタルっぽいのですが、東海岸フィラデルフィアの出身ということです。LAメタルの中でもDokken(全盛時)に一番近い印象です。とりわけギターの刻みやソロの雰囲気なんかは近いというよりマネって感じ。プロデュースが同じニール・カーノンということも影響しているのかもしれません。で、LAメタル、筆者はどうもあの空騒ぎ感が苦手。"欝"もやだけど"躁"も疲れます。このアルバムも半分くらいの曲はLAメタル的バカっぽさが耳につくのですが、半分くらいはかなりイイです。特に#4"Find Another Way"はイントロから名曲の予感がする素晴らしい曲です。ヴァースもコーラスもとにかくメロディが叙情的でハーモニーも美しい。まさにメロディアス・ハードロック!#11"Come Play The Game"も哀愁系メロハーで、アルバムの中ではこの2曲が抜きん出ていると思います。全曲この路線で行ってくれたら良かったのに。他には、ロマンチック&センチメンタルなバラード#6"Hold On To Tonight"、露骨にDokken風ですが#8"Bad Reputation"、#9"Daddy's Little Girl"も悪くないですね。

メンバーはマーク・エヴァンス(vo)、レジー・ウー(gt)、スティーヴン・パリー(gt)、G・C.・ギドッチ(ba)、デヴィッド・ラス(dr)の5人。バッキング・ボーカルにテリー・ブロック(Strangeways、Giant)、ラリー・ボー(Red Dawn、Network)。ネットワークというバンドはいくつもあるのですが、ラリー・ボーがいたネットワークのベースのマーク・エヴァンスは、どうもヘヴンズ・エッジのマーク・エヴァンスと同じ人っぽい。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Intro (Reggie Wu/Mark Evans)
02. Play Dirty (Reggie Wu/Mark Evans/George Guidotti)
03. Skin To Skin (Reggie Wu/Mark Evans)
04. Find Another Way (Reggie Wu/Mark Evans)
05. Up Against The Wall (Reggie Wu/Mark Evans)
06. Hold On To Tonight (Reggie Wu/Mark Evans)
07. Can't Catch Me (Reggie Wu/Mark Evans)
08. Bad Reputation (Reggie Wu/Mark Evans)
09. Daddy's Little Girl (Reggie Wu/Mark Evans)
10. Is That All You Want? (Reggie Wu/Mark Evans/Steven Parry)
11. Come Play The Game (Reggie Wu/Mark Evans)
12. Don't Stop, Don't Go (Reggie Wu/Mark Evans)

■Personnel
Mark Evans - lead & backing vocals, acoustic guitar
Reggie Wu - guitar, keyboards, backing vocals
David Rath - drums, percussion
G. C. Guidotti - bass
Steven Parry - guitar, slide guitar, backing vocals

Terry Brock - backing vocals
Larry Baud - backing vocals
Ray Koob - additional vocals
Mike French - additional vocals
Rob Rizzo - additional keyboard programming

Producer - Neil Kernon