129Don't Come Easy










ピート・ウェイ(ex-UFO)のWaystedのボーカリストに抜擢されて注目されたダニー・ヴォーン、その彼がWaysted解散後自ら結成したバンドがタイケットです。他のメンバーはジミ・ケネディ(ba.)、マイケル・クレイトン(dr.)、ブルック・セント・ジェイムス(gt.)。大手のGeffenと契約し、敏腕リッチー・ズィトーをプロデューサーに迎えて制作された1stアルバムDon't Come Easyは1991年にリリースされています。

ダニー・ヴォーンの伸びやかで溌剌としたボーカル、カラっと乾いたサウンド、これこそまさにアメリカン・ハードロックの典型でしょう。曲調はバリエーションに富んでいながらチグハグにならず、アルバム全体の統一感もしっかりあります。アコギが多用されていますが、それがシャキシャキしたドライな印象と空気感を強調しています。リード・ギタリストのブルック・セント・ジェイムスのプレイは、巧みに組み立てられたコンパクトなフレーズが非常に好印象。そしてイントロから胸をワクワクさせてくれる名曲#1"Forever Young"の素晴らしさ!サビの歌い出し「ふぉ~ればぁやーんっ!」とつい一緒に歌ってしまうカッコよさ!!シングルでヒットしたのも頷けます。これをオープニング曲にもってきたのは大正解でしょう。

ちなみに#1"Forever Young"と#7"Walk On Fire"の作者の一員としてクレジットされているDilellaとは、ジミー・ディレラ(Jimmy Dilella)のことだと思います。ジミー・ディレラは、Waystedのメンバーだったポール・チャップマンがUFO後、Waysted前にやっていたバンドD.O.Aにダニー・ヴォーンとともに参加しいてた人で、Waystedのサポート・メンバーを勤めたこともあります。それから、本作のアディショナル・ミュージシャンの中に、Giantのキーボードで知られるアラン・パスクァの名前があるのも目を引きます。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Forever Young
02. Wings
03. Burning Down Inside
04. Seasons
05. Standing Alone
06. Lay Your Body Down
07. Walk On Fire
08. Nothing But Love
09. Strip Me Down
10. Sail Away
All songs written by Tyketto except track 1 and 7 written by Tyketto and Dilella

■Personnel
Michael Clayton - drums, percussion, vocals
Jimi Kennedy - bass, vocals
Brooke St. James - electric and acoustic guitars, colal sitar, vocals
Danny Vaughn - lead vocals, acoustic guitars, harmonica

Arthur Barrows - keyboards
Alan Pasqua - keyboards
Richie Zito - various keyboards, guitar, vocal fiddlings

Producer - Richie Zito