0107Realized Fantasies
1992年にリリースされたノルウェーのHR/HMバンドTNTの5枚目のアルバム。1990年代初頭のグランジ・オルタナ・ブームに際して、多くのHR/HMが時流に乗り遅れまいとダーク&ヘヴィな方向に舵を切る中、TNTは何故かこのアルバムでLAメタル的な音にシフトしています。既にLAメタルも旧時代の遺物扱いされる時期なのに、どういう戦略なのか全く理解しがたい。もっとも次作Firefly (1997)でTNTも結局グランジ化するわけですが、1997年と言えばグランジ・オルタナ・ブームもとりあえず落ち着きを見せているわけで、このバンドどこかワン・テンポずれている感が否めません。

ジャケットの趣味は最悪だし、プロデューサーはホイットニー・ヒューストンやマライア・キャリーを手がけて実績はあるものの畑違いのリック・ウェイクだし、そんでもってなんで今更LAメタルなのか。謎は深まる一方ですが、筆者は世間で言われるほどこのアルバムを嫌いではありません。確かにメロディの質がモロにアメリカ指向になり、トニー・ハーネルもややガナリ気味に歌唱法を変えたことで、北欧HR/HM特有の水晶のごとく透明で美しいTell No TalesIntuition のイメージは大きく損なわれ、「汚れちまった悲しみ」を感じます。ニューヨークでのレコーディングのせいなのか、サウンドもやけにドライになりました。でも、 Firefly 以降別のバンドみたいになってしまった変化に比べたら、このバンドならではのメロディの輝きはまだまだ十分残っているし、とりわけラストの"Indian Summer"には過去の名曲に比肩しうる叙情性と美しさがあります。一般の悪評だけでこのアルバムを聴かないとしたら、それはすごくもったいないよな~。

ラインナップは、ロニー・ル・テクロ(gt)、トニー・ハーネル(vo)、モーティ・ブラック(ba)は前作と同じ。ドラムは前作に引き続きのメンバー・チェンジで、ケネス・オディーンからアメリカ人ドラマーのジョン・マカルーソに交代しています。サポート・ミュージシャンにまたジョー・リン・ターナーがクレジットされていますが、どの曲で歌っているのか今回も不明です。キーボードのダグ・ストッケは、この後レコーディングとライブの両方でTNTと行動を共にする準メンバー的な存在ですが、昨年(2011年)亡くなっています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Downhill Racer (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, Morty Black)
02. Hard to Say Goodbye (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell)
03. Mother Warned Me (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, Del James)
04. Lionheart (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, Del James)
05. Rain (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell)
06. Purple Mountain's Majesty (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, Dag Stokke)
07. Rock n' Roll Away (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, Del James)
08. Easy Street(Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, Borge Pedersen, Del James, Bobby Icon)
09. All You Need (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, Morty Black)
10. Indian Summer (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell)

■Personnel
Morty Black – bass
John Macaluso – drums
Ronni Le Tekrø – all guitars, additional keyboards, 1/4 stepper guitar
Tony Harnell – lead and harmony vocals

Dag Stokke – keyboards
Rich Tancredi – keyboards
T.J. Kopetic – keyboards
Peter Wood – piano on "Easy Street"
Kyf Brewer – harp on "All You Need"
Joe Lynn Turner – background vocals

Producer - Ric Wake