0104Eternal Prisoner
ドイツ人ギタリスト、アクセル・ルディ・ペルのソロ・プロジェクトの3作目。本作からボーカルにはジェフ・スコット・ソートが迎えられています。従来どおり全曲アクセル・ルディ・ペルの作品で、一部ジェフ・スコット・ソートが作詞で関与しています。アクセルの素人以下のギターを聴かされるはキツいのですが、ボーカルがジェフ・スコット・ソートならやっぱり聴かずにはおれません。1992年のアルバムなので、ジェフのキャリアで言えばタリスマンの1stの後、2ndの前ということになります。後年のような深みのあるボーカリストとして完成されておらず、まだ少し力任せ気味ではありますが、さすがはジェフ・スコット・ソート、見事な歌いっぷりです。元々このプロジェクトのリズム隊(ヨルグ・マイケル&フォルカー・クラウツァック)には力があるし、アクセルの曲メロ自体もシンプルながら悪くなかったのですが、そこにジェフのソウルフルな歌い回しが加わったことで、前2作に比べてかなり良いアルバムになりました。アクセルもジェフの実力を認めたのかこの後も彼を起用し続け、この後1997年まで計5枚のオリジナル・アルバムとライブ盤でジェフ・スコット・ソートがボーカルを務めることになります。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Streets of Fire (Pell, Soto)
02. Long Time (Pell, Soto)
03. Eternal Prisoner (Pell)
04. Your Life (Not Close Enough to Paradise) (Pell)
05. Wheels Rolling On (Pell, Soto)
06. Sweet Lil' Suzie (Pell, Soto)
07. Dreams of Passion (Pell)
08. Shoot Her to the Moon (Pell, Soto)
09. Ride the Bullet (Pell, Soto)

■Personnel
Jeff Scott Soto - lead and backing vocals
Axel Rudi Pell - lead, rhythm and acoustic guitars
Kai Raglewski - Keyboards
Volker Krawczak - Bass
Jörg Michael - Drums

Martin Hesselbach - Percussion on "Sweet Lil' Suzie"

additional choir - Oliver Recker, Martin Fernkorn, Thomas Erkelenz, Michael Lorant, Andreas Schöwe

Producer - Axel Rudi Pell, Ulli Pösselt