0103Never Say Goodbye
イギリスのメロハー・バンドTenの2枚組ライブ盤。国内盤と輸入盤、オリジナルと再発盤といくつかのバージョンがあって一部収録曲が異なるようです。ここでは1998年にゼロ・コーポーレーションから発売されたオリジナル国内盤を取り上げています。

ブックレットには日本でのコンサートの写真があしらわれていますが、1997~98年のヨーロッパ・ツアーを収録しているようです。この時点でリリースされていた1stから3rdまでのアルバムから24曲とかなりのボリューム。しかも元々どの曲も曲調やサウンドが似通っているバンドなので、1枚でもお腹一杯になるんじゃないかと思いましたが、筆者は意外にダレずに聴くことができました。曲順も妥当だし、途中にアコースティック・セットが入っているのも飽きさせない工夫かなと思いました。ちょっと曲数の多いベスト盤といった感じです。ただ、大幅にアレンジが変わるとか、アドリブがふんだんに入っているとかいうこともなく、言ってしまえばスタジオ盤を忠実に再現しているだけ、またカバー曲などもないので、ライブ盤ならではの醍醐味というものはあまり感じられません。ゲイリー・ヒューズのボーカルも、ヴィニー・バーンズのギターも、スタジオ盤と大きく変わるところなく、したがって魅力の増減もなし。一番気になるのは録音が音割れ気味なこと。もうちょっときれいに録ってほしかったなー。そんなわけで、Tenの熱心なファンでなければ、手に入れる優先順位はどうしても低くなってしまう作品だと言わざるを得ません。

ラインナップは、ゲイリー・ヒューズとヴィニー・バーンズのほか、サイド・ギターのジョン・ハリウェル、キーボードのジェド・ライランズ、ドラムのグレッグ・モーガンと従来どおり。ベースだけは新メンバーのスティーヴ・マッケンナにチェンジしています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
Disc - 1
01. The Robe
02. Bright on the Blade
03. Wildest Dreams
04. The Torch
05. Yesterday Lies in the Flames
06. The Rainbow
07. Goodnight Saigon
08. Arcadia
09. You're in My Heart (acoustic)
10. Close Your Eyes and Dream (acoustic)
11. Turn Around (acoustic)
12. The Loneliest Place in the World

Disc - 2
01. The Crusades
02. Don't Cry
03. Ten Fathoms Deep
04. After the Love Has Gone
05. Stay With Me
06. Standing on the Edge of Time
07. Fly Like an Eagle
08. Drum Solo
09. Battlelines
10. The Pharaoh's Prelude
11. Wait for You
12. The Name of the Rose

All songs written by Gary Hughes
except "The Crusades" and "Standing on the Edge of Time" written by Gary Hughes and Vinny Burns 

■Personnel
Gary Hughes – vocals
Vinny Burns – guitars
John Halliwell – guitars, backing vocals
Ged Rylands – keyboards, backing vocals
Steve McKenna – bass guitar, backing vocals
Greg Morgan – drums