0095Rock America
1990年リリースされたデンジャー・デンジャーのEP。1stアルバムDanger Danger で聴ける"Rock America"はいいとして、プロモーション用に作られた5曲入りライブ・アルバムDown And Dirty Live! からの、テッド・ポーリー、アンディ・ティモンズ在籍時のライブ音源3曲が気になるところです。本当はDown And Dirty Live!  を入手したいのですが当然非売品。2003年に2ndアルバムScrew It リマスター盤がDown And Dirty Live!  との2枚組として再発されましたが、これも現在廃盤にて入手困難。次善の策として3曲が聴けるこのEPを中古で購入しました。Down And Dirty Live!  の残りの2曲は、"Groove Or Die"がシングルMonkey Business の、"Boys Will Be Boys"がシングルI Still Think About You のそれぞれカップリング曲となっています。

さて、ライブ音源3曲は1990年アメリカ本国でのコンサートから収録されています。スタジオ盤に比べ当然ラフなものの、デビュー間もない頃のデンジャー・デンジャーの生き生きとした様子が伝わってきます。下手すると単なるアイドル扱いされかねないバンドですが、ライブでも演奏は実にしっかりしてます。#2"Bang Bang"と#3"Naughty Naughty"は1stアルバムでおなじみの曲、バンドも観客も「のーりのーりぃー」な感じです。ギター・ソロにクラプトンの"Layla"のフレーズを出してくるあたり、アンディ・ティモンズらしくてイイです。リック・デリンジャー作の#4"Rock'n'Roll Hoochie Koo"は、今やハードロックのスタンダード曲となった感があります。数多くのバンドにカバーされてきましたが、特にライブ映えする曲なんですよね。とにかくアンディのギターのカッコいいこと!この1曲を聴くために本作を買っても惜しくない出来です。まあ、EPなんで安いしね。

※2014年に1stDanger Danger と2ndScrew It! の最新リマスター盤が発売されました。ボーナス・トラックとしてDown And Dirty Live!  収録の全5曲が分割されて収められています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Rock America (B. Ravel, S. West)
02. Bang Bang [live] (B. Ravel, S. West)
03. Naughty Naughty [live] (B. Ravel, S. West)
04. Rock'n'Roll Hoochie Koo [live] (R.Derringer)

■Personnel
Ted Poley - vocals
Andy Timmons - guitar
Kasey Smith - keyboards
Bruno Ravel - bass
Steve West - drums

Producer - Lance Quinn(1), Lennie Petze(2-4)