0094Continuum
イギリスのメロハー・バンド、チェンジ・オブ・ハートの2ndアルバム。1作目はそれなりに良いメロディが耳に残る作品でしたが、キーボードをはじめアレンジのチープさもあり、全体にパッとしない印象でした。そんなわけで、本作にもあまり期待していなかったのですが、ところがどっこい驚くほどの素晴らしさ!オープニングのムーディなインストに続いて突然始まる#2"Blinded"でいきなりやられてしまいました。息苦しくなるほど切ないメロディ、何かを振り切ろうとするかのように突っ走るリズム、胸騒ぎをかき立てるギター・ソロ、なんだこれは?このバンド化けたか??

続く#3"I Don't Want To Be Lonely"もメジャー調の曲でありながら、一抹の苦味とともになんとも言えない寂寥感を孕んだ秀逸な曲。#4"When Love Gets In The Way"は、そのものずばりの必殺哀愁バラード。#5"You Can't Hide"は普通なら「爽やか系メロハー」の一言で片付けられそうな曲ですがどこか寂しさが漂うのが印象的。ピアノを含めキーボードの使い方が前作より非常に巧みになっています。#6"Call Of The Wild"は一度聴いたら忘れなれないドラマチックなサビが出色な哀愁チューン。#7"Take Me From A Ride"はアーシーでブルージーな佳曲。リード・ボーカルとバッキング・ボーカルの絡みがカッコいいな~。#8"Hands On My Heart"はピアノと生ギターを中心としたアコースティカルなアンサンブルが心地よい。歌メロもナチュラルで好感が持てます。中盤から後半にかけてアーシーな曲が続きますが、#9"Say That You Want Me"も引き続いてウエストコースト・サウンドを思わせる曲。ただEaglesやDoobiesのようにカラっとしないのがいかにも英国流。#10"Love On The Line"は一転してマイナー・キーの曲。哀しみを予感させるようなバッキング・ボーカルのアレンジがほんとに上手いですね。#11"Run From The Storm"は、#2"Blinded"に通じる胸をかきむしられるような歌メロ、キーボードとギターが掛け合うソロが素晴らしい。ここまではボーカルのアラン・クラークを中心にしたバンドの自作曲でしたが、#12"Mysteries"はダーシー・ドイチュとケニー・ケイオス・ロニーのPokerfaceコンビの提供曲。レトロなポップ・ソウル風とも言うべき楽しい曲調ですが、アルバムの中で違和感なく馴染んでいると思います。最後はボーナス・トラック#13"(When Are You) Coming Home"。静かな喪失感や空しさを湛えたバラードです。

全体としてHeartlandの影響を感じさせるドラマチックな曲調、ソウル・フィーリングに溢れた歌唱は前作と同様です。ただしHeartlandと比べるとメロディ・ラインの輪郭がはっきりしているので、Heartlandより受け入れやすいかもしれません。バンド・メンバーは、アラン・クラーク(vo)、ジョン・フッティット(gt)、デイヴ・チャップマン(key)の3人は前作と変わりませんが、ドラムはトレヴァー・ハート、ベースはゲイリー・ハウにチェンジしています。同じEscapeレーベルのHeartlandとThe Distance絡みの面々、クリス・ウーズィー、ロブ・カーツライター、デイヴ・ホピア、ケニー・ケイオス・ロニーが演奏とプロデュースでサポートに入っているのは前作と同じです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Call To Prayer (D. Chapman)
02. Blinded (A. Clark)
03. I Don't Want To Be Lonely (A. Clark, J. Footit)
04. When Love Gets In The Way (A. Clark)
05. You Can't Hide (A. Clark, D. Chapman)
06. Call Of The Wild (A. Clark)
07. Take Me From A Ride (A. Clark, D. Chapman)
08. Hands On My Heart (A. Clark)
09. Say That You Want Me (A. Clark, J. Footit)
10. Love On The Line (A. Clark, D. Chapman)
11. Run From The Storm (A. Clark)
12. Mysteries (D.Deutsch, K. Loney)
13. (When Are You) Coming Home [bonus] (A. Clark)

■Personnel
Alan Clark - lead vocals
John Footit - lead guitars
Dave Chapman - keyboards, vocals
Trevor Hart  -Drums
Gary Howe - bass

Chris Ousey - backing vocals
Rob Kurzreiter - drums
Dave Hopia - bass
Kenny "Kaos" Loney - guitars 

Producer - Kenny "Kaos" Loney, Chris Ousey
Executive Producer - Khalil Turk