メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

Tough It Out / FM (1989)

0053Tough It Out

イギリスのメロディアスハード・バンドFMの1989年リリースの2作目。1stアルバムIndiscreet の延長線上のサウンドで、いかにも80年代らしい都会的なメロハー/AORに仕上がっています。プロデューサーには、ホール&オーツやドッケンなど数多くのアルバム制作で実績のあるニール・カーノン(Neil Kernon)を起用。また、数々のヒット曲を生み出してきたデスモンド・チャイルド(Desmond Child)を曲作りに関与させるなど、レーベルのやる気(売る気)満々な様子が窺えます。その甲斐あって、1st以上に充実した楽曲と演奏は、何度聴いても飽きるということがありません。スティーヴ・オーヴァーランドのソウルフルな歌唱はますます旨味を増し、マーヴ・ゴールズワーシー&ピート・ジャップのコンビは相変わらず心地よいグルーヴを生み出しています。クリス・オーヴァーランドの歌心を感じさせるギターも健在です。ディジ・ディジタルのキーボードも、出しゃばり過ぎず曲に彩りを添えていて好感が持てます。初期FMの中では文句なく最高の出来ではないでしょうか。バッキング・ボーカルに、ストレンジウェイズ、ジャイアントなどで知られるテリー・ブロックと、女性メロハー・ボーカリストの第一人者ロビン・ベックが参加しているのもうれしいです。

#4"Someday (You'll Come Running)"は、ジュディス・ランドールとロビン・ ランドール (Judithe & Robin Randall)という珍しい母娘ライターコンビと、"Island Nights"で有名なAOR系シンガー・ソングライター、トニー・シュート(Tony Sciuto)の作品。アメリカのメロハー・バンドAirkraftのアルバムIn the Red (1991)や、元King Kobra、Signal、現Unruly Childのマーク・フーリー(Mark Free)のソロアルバムLong Way From Love (1993)でも取り上げられています(このアルバムは全曲 ランドール 母娘が書いています)。さらに、ロビン・ ランドール が、自身のグループVenus & MarsのGrand Trine (1994)でセルフカバーしています。それから、#5"Everytime I Think of You"は、Mr. Bigのエリック・マーティン(Eric Martin)のソロ・アルバムI'm Only Fooling Myself (1987)に収録されていた曲。同一曲を複数のアーティストのバージョンで聴き比べると、アレンジや歌唱の違いにそれぞれの個性が感じられて楽しいものです。

なお、2012年にイギリスの再発レーベルRock Candyより、ボーナス・トラック5曲が追加されたリマスター盤も発売されています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Tough It Out (S. Overland, C. Overland, J. Harms)
02. Don't Stop (M. Goldsworthy, P. Jupp, D. Digital)
03. Bad Luck (S. Overland, C. Overland, D. Child)
04. Someday (You'll Come Running) (J. Randall, R. Randall, T. Sciuto)
05. Everytime I Think of You (S. Mullen, J. Cesario, G. Jones)
06. Burning My Heart Down (S. Overland, C. Overland, D. Child)
07. The Dream That Died (S. Overland, C. Overland)
08. Obsession (M. Goldsworthy, P. Jupp, D. Digital)
09. Can You Hear Me Calling? (S. Overland, C. Overland)
10. Does It Feel Like Love (S. Overland, C. Overland)
11. Feels So Good (S. Overland, C. Overland)

■Personnel
Steve Overland - Lead & backing vocals, guitar
Merv Goldsworthy - Bass, backing vocals
Pete Jupp - Drums, backing vocals
Chris Overland - Lead guitar
Didge Digital - Keyboards

Terry Brock - Backing vocals
Robin Beck - Backing vocals

Producer - Neil Kernon


Genesis / Talisman (1993)

0052Genesis

スウェーデンのメロハー・グループ、タリスマンの2枚目のアルバム。このアルバムから、ファンキーなリズムを打ち出したタリスマン独特のグルーヴが現れてきます。ファンクといっても、マルセル・ヤコブがスラップとかするわけではありませんが、あの手数の多いグリグリベースが16ビートで跳ねる様はなんとも快感です。曲のほうは、ボーナスのバッド・カンパニーの"Run With the Pack"を除き、全てマルセル・ヤコブが書いています(詞はほとんどジェフ・スコット・ソートです)。これがまた名曲ぞろい。マルセル・ヤコブはメロディ・メイカーとしても天才だと強く感じさせられます。ただ、#9"Give Me a Sign"のリフが、ホワイトスネイクの"Fool for Your Loving"に似ているのが惜しい。超有名曲なんだから、もうちょっと別のリフを考えればいいのに。。。

そのマルセル・ヤコブのメロディを歌うのに、ジェフ・スコット・ソートはまさにうってつけ。彼の参加したどのバンド、プロジェクトより、マルセルと組んだジェフのボーカルは素晴らしい。アメリカ人であるジェフの容貌や身ごなしから、彼にはアフリカ系の血がいくらか入っているように見受けられますが、そんなこともあってか、特にファンキーな曲では歌いまわしに躍動感が溢れています。また、このアルバムには、バンドの新しいメンバーとしてフレドリック・ オーケソンが参加しています。このころまだ20歳そこそこだと思いますが、後の活躍ぶりが想像できるような、とにかく勢いのあるギターを聴くことができます。ただ速いだけではなく、歌心のあるソロが素晴らしい。

1stのころと同じように、バンドはパーマネントなものではなく、アルバム製作のためのプロジェクトで、ドラムはマルセル・ヤコブの打ち込みのようです。プロデュースもマルセル自身が行い、前作のプロデューサーだったマッツ・リンドフォースは、ミックスやマスターなど裏方としての仕事に携わっています。

なお、本作はオリジナル盤以外に、近年になって複数のレーベルからボーナス・トラックを追加したものが発売されており、ちょっと選択に困ります。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Time After Time (Jacob, Soto)
02. Comin' Home (Jacob)
03. Mysterious (This Time It's Serious) (Jacob, Soto)
04. If U Would Only Be My Friend (Jacob)
05. All or Nothing (Jacob, Soto)
06. All I Want (Jacob, Soto)
07. U Done Me Wrong (Jacob, Soto)
08. I'll Set Your House on Fire (Jacob, Soto)
09. Give Me a Sign (Jacob, Soto)
10. Lovechild (Jacob, Soto)
11. Long Way 2 Go (Jacob, Soto)
12. Run With the Pack [Bonus] (Paul Rodgers)

■Personnel
Jeff Scott Soto – vocals
Fredrik Åkesson – lead & rhythm guitars
Marcel Jacob – bass, drums, rhythm guitars, backing vocals

Julie Greaux – backing vocals, ground piano on "All I Want"
Jake Samuels – backing vocals drums

Producer - Marcel Jacob



The 1 / Mikael Erlandsson (1994)

0051The 1

ラスト・オータムズ・ドリームのヴォーカリストとしておなじみのスウェーデンのシンガー、ミカエル・アーランドソンの1stソロ・アルバム。リリースはラスト・オータムズ・ドリームの1st(2003)よりかなり古く1994年となっています。筆者はラスト・オータムズ・ドリームでミカエル・アーランドソンを知ったので、後からこのアルバムを聴きました。サウンドはラスト・オータムズ・ドリームよりかなりソフトです。なんとなくかつての日本の歌謡曲を髣髴とさせるような曲も何曲かあり、まあハードロックの範疇には入らないかな。デビュー当時から、あの切ない歌唱とメロディーメイカーとしての才能は変わらないのですが、彼の甘い声と甘いメロディは、ハードなサウンドに乗らないと、通して聴いた場合やや飽きるかなと。一曲一曲はもちろん佳曲揃いなんですけれども。そんなわけで、筆者はややハードな#10"Can't Keep Hiding"が一番良かったです。ラストのタイトル曲"The 1"は、ラスト・オータムズ・ドリームの1stで、#5"It's Alright"は3rdでセルフカバーされていますので、このアルバムのオリジナル・バージョンと聴き比べるのも一興です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Wish You Were Here (Mikael Erlandsson, Aymeric Desombre)
02. Show Me (Mikael Erlandsson, Aymeric Desombre)
03. Reason (Mikael Erlandsson)
04. Life Is A Hard Game to Play (Mikael Erlandsson)
05. It's Alright (Mikael Erlandsson, Aymeric Desombre)
06. I Believe (Mikael Erlandsson, Aymeric Desombre)
07. We Don't Talk Anymore (Mikael Erlandsson, Aymeric Desombre)
08. For You (Mikael Erlandsson)
09. Can't Keep Hiding (Mikael Erlandsson, Aymeric Desombre)
10. Mr. Weirdstough (M. P. Persson, Svante Karlsson)
11. The 1 (Mikael Erlandsson)

■Personnel
Mikael Erlandsson - Lead & Backing Vocals, Keyboards
M. P. Persson - Drums, Percussion, Bass, Electric Guitars, Accoustic Guitars, Keyboards, Accordion
Morggan Hjalmarsson - Accoustic Guitars
Bengt Standblom - Accoustic Guitars
Stigge Ljunglöf - Additional Bass

Producer - M. P. Persson, Mikael Erlandsson, Aymeric Desombre


Survivor / Survivor (1979)

0050Survivor

映画「ロッキー3」のテーマ曲"Eye of the Tiger"の大ヒットで世界的に知られることになる、アメリカン・ハードロック・バンド、サヴァイヴァーの1stアルバム。レコーディング・メンバーは、フランキー・サリヴァン(Gt)、デイヴ・ビックラー(Vo, Key)、ジム・ピートリック(Gt, Vo)、ゲイリー・スミス(Ds)、デニス・ジョンソン(Ba)。この段階では、メロディにキラリと光るものはあるものの、全体としてはアメリカに掃いて捨てるほどいるバンドの一つという印象しか持てません。はい、終わり。

というわけにもいかないので、以前から気になっている「伝説」について少し書いてみます。「サヴァイヴァー」というバンド名についてネットなどでよく見かける記述は、一部に細かい差異はありますが、「チェイスというブラス・ロック・バンドの乗った飛行機が墜落しメンバーのほとんどが死亡したが、バス移動をしていたメンバーはたまたま難を逃れ、サヴァイヴァー(生存者)というグループを結成した」というものです。

チェイス(Chase)は1970年代初頭に活動したブラス・ロック・バンドで、3枚のアルバムを残しています。大ヒットした"Get It On" は「黒い炎」という邦題で日本でも有名な曲で、トランペット4本の印象的なフレーズがいまだにテレビなどで使われるのを耳にすることがあります。1974年に飛行機事故でリーダーでトランペット奏者のビル・チェイス(Bill Chase)、キーボードのWally Yohn、ドラムのWalter Clark、ギターのJohn Emmaの4名が亡くなっています。チェイスのボーカルはアルバムごとにチェンジしていますが、ジム・ピートリックは3枚目のアルバムPure Music のうち歌入りの2曲の作曲に関わりボーカルも担当しています。ただし、パーマネントなメンバーだったかどうかは不明です。彼は元々は、1960~70年代にやはりブラスを取り入れたバンドで、"Vehicle"というヒット曲を持つアイズ・オブ・マーチ(Ides of March)のリーダーでした。チェイスとアイズ・オブ・マーチのアルバムのプロデュースは、Bob DestockiとFrank Randという同じ人物が行っているし、同じブラス・ロックというジャンルということもあり、おそらくPure Music のレコーディング以前からの交流があったものと想像できます。筆者は両バンドともリアルタイムで聴いていて、アイズ・オブ・マーチのボーカルがサヴァイヴァーの中心メンバーだと後から知って驚いた記憶があります。

ゲイリー・スミスとデニス・ジョンソンもチェイスのメンバーだった時期があります。Wounded Bird Recordsから再発されたチェイスの3枚のアルバムをまとめたCDによると、1stのChase にジョンソン、2ndのEnnea にはジョンソンとスミスがクレジットされています。ただし、ジム・ピートリックの参加している1974年リリースの3rdPure Music には2人ともクレジットされていません。1974年の時点でジョンソンとスミスはチェイスのメンバーだったのかどうか。事故死したメンバーにドラマーがいることからも、少なくともゲイリー・スミスはこの時点ではバンド・メンバーではなかった可能性が高いと思います。サヴァイヴァー結成以前の1976年のピートリックのソロ・アルバムDon't Fight the Feeling にジョンソンとスミスも参加していることから、チェイスを媒介としてこの3人の交流は早くからあったのではないかと考えるのが自然です。バス移動で飛行機事故死を免れたチェイスのメンバー3人が、奇跡的に生き残ったことにちなんでサヴァイヴァーという名前のバンドを結成したという「伝説」は、ウソとは言わないまでも不正確なのではないかと筆者は考えます。そもそも、一部のメンバーがバス移動していたということ、ピートリック、ジョンソン、スミスの3人が同じバスに乗っていたということに関する確かなソースは今のところ見つけられませんでした。ただし、このアルバムの裏ジャケに飛行機事故を思わせる黒煙の前に立つメンバーの写真があしらわれていることから、チェイスとの関わりが深かったピートリックが、飛行機事故と関連付けてバンド名を決めたのではないかという推測は十分成り立つとは思っています。

最後に、どうでもいい話ですが、ジャケットの軍服姿の女性は、有名になる前のキム・ベイシンガーだそうです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Somewhere in America (Jim Peterik)
02. Can't Getcha Offa My Mind (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
03. Let It Be Now (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
04. As Soon as Love Finds Me (Jim Peterik, Gary Smith, Dennis Keith Johnson, Frankie Sullivan)
05. Youngblood (Dennis Keith Johnson, Jim Peterik, Frankie Sullivan)
06. Rebel Girl (Jim Peterik, Gary Smith)
07. Love Has Got Me (Jim Peterik)
08. Whole Town's Talkin' (Jim Peterik, Gary Smith, Dennis Keith Johnson, Frankie Sullivan)
09. 20/20 (Jim Peterik, Gary Smith, Dennis Keith Johnson, Frankie Sullivan)
10. Freelance (Dennis Keith Johnson, Jim Peterik, Frankie Sullivan)
11. Nothing Can Shake Me (From Your Love) (Jim Peterik)
12. Whatever It Takes (Jim Peterik, Gary Smith, Dennis Keith Johnson, Frankie Sullivan)

■Personnel
Frankie Sullivan – lead guitar, vocals
Dave Bickler – lead vocals, keyboards
Jim Peterik – guitar, lead vocal on 7
Gary Smith – drums, percussion
Dennis Keith Johnson – bass, moog pedals

Producer - Ron Nevison, Barry Mraz



Heartland / Heartland (1991)

0049Heartland

英国産メロハー/AORを代表するグループの一つハートランド、そのグループ名を冠し1991年に発表された1stアルバム。このバンドは昔から、人によって評価が二分しているように見えます。特にクリス・ウーズィーのボーカルの好き嫌いが極端に分かれているようです。筆者は好きか嫌いかと言えば好きです。ただし、メロディック・ロックというカテゴリーでこの歌い方はありなのか、その疑問は付きまとっています。歌メロが口ずさめないどころか、下手をすると歌メロが思い出せないような歌いまわしで、「メロディアス」とか「メロディック」とか言えるのか?これって根本問題です。メロハーは、ボーカリストの歌いグセの妙を味わうより、スコア通りのメロディの良さを楽しむというところにポイントがあるわけですから。

メロハー系では、スティーヴ・オーヴァーランドやジョン・ウェイトなどもソウルフルでブルージーですが、クリス・ウーズィーほどにはメロディを崩していない。その場のノリでメロディやリズムを崩して歌うことを「フェイク」といいますが、ジャズはもちろん、ソウルやR&B、ゴスペルなどの世界ではフェイクは当たり前だし、イギリスのロック・シンガーでも黒人音楽の影響を強く受けたいわゆるブルーアイド・ソウル系の人たちも、フェイクの巧みさは感情表現の豊かさとして評価されます。たとえば、ヴァン・モリソン、フランキー・ミラー、ジェス・ローデン、ロバート・パーマー、ミラー・アンダーソン、スティーヴ・マリオットとか。クリス・ウーズィーは、むしろこういうボーカリストの系譜に連なる人なんだろうと思います。だから、メロハーに拘らず、もっとアーシーなサウンドで勝負していたら評価はずいぶん違っていたんじゃないかな。しかし、クリスさんは頑固一徹、今に至るまでハートランドのスタイルは基本的に変わっていません。。。

筆者はハートランドを聴くとき、メロハーという言葉はとりあえず措いておきます。「こんなのメロハーじゃない」と切って捨ててしまうにはあまりにももったいない。一緒に口ずさめなくても、歌い回しが金太郎飴でも、クリス・ウーズィーのエモーショナルなボーカルはほんとに素晴らしい。特にこの1stアルバムでは、クリスの歌が躍動感に溢れています。ゲイリー・シャープのギターの浮遊感も気持ちがいい。更にリズム・セクションが異様に心地よいのも特筆すべき点です。サウンド・プロダクションも秀逸。ステレオというのは原理的には左右(横方向)に音を振り分けているだけなのですが、何故か縦方向にも、奥行き方向にも音の広がりが感じられ、音の中に自分の身を置いているような感覚になります。特にヘッドフォンで聴いたときその印象は顕著です。どうやればこういう音像になるのか技術的なことは全く分かりませんが、屋外で聴くBGMとしても最高の音だと思います。

最後に、レコーディング・メンバーについて。バンドの中心メンバーのクリス・ウーズィーとゲイリー・シャープは、元々モンロー(Monroe)というグループに在籍していましたが、クリス・ウーズィーがジェイソン・ボーナムのヴァージニア・ウルフ(Virginia Wolf)に引き抜かれ、モンローは解体。ヴァージニア・ウルフ解散後、二人が再び組んだのがハートランドというわけです。ベースは元ダーク・ハート(Dark Heart)のフィル・ブラウン。ダーク・ハートにはハートランドとの関係が深いチェンジ・オブ・ハート(Change of Heart)のアラン・クラーク、イアン・シンプソンも在籍したようです。やたら「ハート」が好きな人たちです。キーボードはペンドラゴン(Pendragon)というプログレ・バンド出身のリック・カーター。ドラムはスティーヴ・ギブソンで、このあとずっとハートランドと行動を共にします。

このアルバムは大手レーベルA&Mからリリースされましたが、商業的にはあまり成功せず、バンドはA&Mとの契約を切られる結果となります。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Teach You to Dream
02. Carrie Ann
03. Don't Cast Your Shadow
04. Real World
05. Fight Fire With Fire
06. That Thing
07. Walking on Ice
08. Paper Heart
09. Paradise
10. Promises
All songs composed by Chris Ousey & Gary Sharpe

■Personnel
Chris Ousey - vocals
Gary Sharpe - guitar
Phil Brown - bass
Steve Gibson - drums, percussion
Rik Carter - keyboards

George Deangelis - keyboards
David Hinson - keyboards
Don Snow - piano, backing vocals
Steve Ferrara - drums
Carol Kenyan - backing vocals
Sylvia Mason James  - backing vocals
Paul Moggledon  - backing vocals
Omar Dupree  - backing vocals
Stephen P. Clisby  - backing vocals
Julia Loko  - backing vocals
Jody Pijper  - backing vocals

Producer - Jimbo Barton

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ