メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Time Tells No Lies / Praying Mantis (1981)

0006Time Tells No Lies

NWOBHM勃興期にデビューしたプレイング・マンティス、その伝説の1stアルバム。筆者にとっては、LP発売当時から数え切れないほど聴き続けた思い出深いアルバムです。NWOBHMというと、アイアイ・メイデンに代表されるように荒々しいリフで押しまくるイメージがありますが、マンティスの音楽性はNWOBHMの中ではかなり異色です。叙情的な歌メロ、ツインリードギターの優美なハーモニーは、むしろウイッシュボーン・アッシュあたりのサウンドを彷彿とさせます。日本ではこういった叙情的なハードロックは一定の人気を集めるのですが、本国では苦戦したようで、やがて彼らはシーンから姿を消してしまいます。そしてなんと10年後に、日本でのコンサートをきっかけに再始動、中心メンバーのトロイ兄弟(ティノ・トロイ、クリス・トロイ)は現在でもプレイング・マンティスとしての活動を継続しています。

大好きなアルバムなので、欠点を書くのは忍びないのですが敢えて挙げれば、2曲目のキンクスのカバー"All Day And All Of The Night"が邪魔なこと。出来損ないのヴァン・ヘイレンかと言いたくなるほど下品で、プレイング・マンティスの音楽の持つ美しさと生真面目さを傷つけ、このアルバムの統一感を壊てしまっているように感じます。それから、トロイ兄弟とギターのスティーヴ・ キャロルの3人のボーカルがどうしても力不足なこと。これは痛いです。復活後の3作目からは専任ボーカリストをメンバーに入れて、格段に歌唱が安定しています。また、最近バンドの30周年を記念して発表されたEPでは、嬉しいことにこの1stに収録された曲も含めて初期の作品を最新メンバーで録音しなおしています。
なお、このアルバムのプロデュースはティム・フリース-グリーン(Tim Friese-Greene)で、Touchの1stアルバムもプロデュースしています。

※筆者が聴いているのは1998年国内盤で、ボーナス・トラックとして1981年1月リリースのアナログ・シングル盤"Cheated"カップリング曲"Thirty Pieces Of Silver"、"Flirting With Suicide [Live] "、"Panic In The Streets [Live]"の3曲入り。2012年にイギリスの再発レーベルRock Candyから、さらに1980年6月リリースのシングル曲"Praying Mantis"とB面"High Roller"を追加し、計5曲のボーナス・トラックを収録した最新リマスター盤が出ています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Cheated (S. Carroll, T. Troy)
02. All Day And All Of The Night (Ray Davies)
03. Running For Tomorrow (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
04. Rich City Kids (C. Troy, T. Troy)
05. Lovers To The Grave (C. Troy, T. Troy)
06. Panic In The Streets (S. Vermeulen, S. Carroll, T. Troy)
07. Beads Of Ebony (T. Troy)
08. Flirting With Suicide (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
09. Children Of The Earth (C. Troy, T. Troy)
※Bonus Track
10. Thirty Pieces Of Silver (C. Troy, D. Potts, T. Troy)
11. Flirting With Suicide [Live]    
12. Panic In The Streets [Live]

■Personnel
Tino Troy - guitars, vocals
Steve Carroll - guitars, vocals
Chris Troy - bass, vocals
Dave Potts - drums

Tim Friese-Greene - Piano

Producer - Tim Friese-Greene
Except Track 11, 12 Produced by Adam Sieff



Money Never Sleeps / Covered Call (2009)

0005Money Never Sleeps

スウェーデンのメロハーバンド、カヴァード・コールの2009年のデビュー作。カヴァード・コールはドラムのR. SvanströmerとギターのJ. Carlssonが中心となって結成されました。ボーカル探しをしていたバンドに、一番最後に加わったのは、Talk of the Town、Brazen Abbot、Stormwindなど数多くのHR/HM系グループ、プロジェクトに参加する一方、並行してオペラ歌手としても活躍してきたトーマス・ヴィクストロム(Thomas Vikström)。その圧倒的な歌唱力から、母国では「ボーカルマスター」と呼ばれているヴィクストロムですが、このアルバムでも超絶的な歌声を堪能することができます。特に、ピアノだけをバックに、切々と歌い上げる"Anything You Want"は、感動的としか言いようのない素晴らしさです。"Shine"はMr. Bigのカバーですが、本家エリック・マーティン、作者リッチー・コッツェンのセルフカバー、そしてこのヴィクストロム・バージョン、三者三様の歌唱を聴き比べるのも楽しいと思います。他の曲もメロディの出来はかなり良く、ノリノリの曲が多いので、聴いていると自然とテンションが上がります。バンドの音の方は、どちらかというとロックンロール系のざっくりしたスタイルですが、これはこれで悪くないと感じました。曲作りは、中心メンバーのSvanströmer, Carlsson(曲のクレジットではKarlssonとなっていますが同一人物だと思われます)の二人と、サポート・ミュージシャンとしてクレジットされているPalmberg, Johanssonで行っているようです。

音には関係ありませんが、日本の証券取引所のイメージのジャケットには初め「???」となりました。まあ、HR/HM系のジャケはどれも似たようなのが多いので、むしろ印象に残るかなと。「Money Never Sleeps」というタイトルや、ジャケット中面の写真でメンバーが背広にネクタイ、サングラスでキメてたり、紙幣を握り締める手があしらわれているのも、トータルコンセプトなんでしょうかね。マネーゲームに生きる空しさみたいなのがテーマなのかなと思いました。歌詞カードには記載されていませんが、タイトルチューンの"Money Never Sleeps"には、バンド名であるCovered Callという言葉が出てきます。これがそもそも「現物資産を保有したまま、コールオプションを売る戦略のこと」で、証券取引の専門用語らしいです。なんのことやらさっぱり分かりませんが...

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. All Because Of Me (Svanströmer, Karlsson, Palmberg)
02. Til’ The End (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
03. Shine (Richard Dale, Richie Kotzen, Richie Zito)
04. Never Again (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
05. Anything You Want (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
06. I Wanna Be Free (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
07. Nothing At All (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
08. Money Never Sleeps (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
09. What About Us (Svanströmer, Johansson)
10. Let’s Make It Real (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)

■Personnel
Ronny Svanströmer - drums
Thomas Vikström - vocals
Joel Carlsson - guitar, vocals
Thomas Thulin - bass
Morgan Rosenquist - guitar

Johan Palmberg - piano
Ola Johansson - guitar

Producer - Ronny Svanströmer, Joel Carlsson

Danger Danger / Danger Danger (1989)

0004Danger Danger

曲調はいわゆるパーティロック、当時のバンドの写真もいかにもいかにもな感じなので、当初はLAメタルなのかと思っていました。しかし、中心メンバーでメイン・ソングライターのブルーノ・ラヴェル(Bruno Ravel)とスティーヴ・ウエスト(Steve West)はニューヨーク出身だし、ボーカルのテッド・ポーリー(Ted Poley)はニュージャージー生まれで、地元バンドProphetでドラムを叩いていた人でした。全然LAメタルではありません。Prophetのボーカリストのディーン・ファザーノ(Dean Fasano、2009年に亡くなっています)は、Prophet以前には、後にBon Joviに加わるリッチー・サンボラ(Richie Sambora)、アレック・ジョン・サッチ(Alec John Such)と一緒にMessageというバンドを組んでいました。Bon Joviはもちろん、Messageもニュージャージーから生まれたバンドです。また、このDanger Dangerの1stをプロデュースしたランス・クイン(Lance Quinn)は、Bon Joviのプロデューサーとして有名です。そんなわけで、Danger Dangerはむしろニュージャージー人脈と繋がりをもつバンドなんですね。キーボードのケイシー・スミスはGet With Itというバンドのメンバーだったようです。

今となっては、曲によっては能天気ぶりがやや鼻につきますが、他の似たようなバンドに比べてメロディの水準は高いと感じます。特にバラードはしっとりしていて情感豊かに仕上がっています。なお、クレジットにはアンディ・ティモンズ(Andy Timmons)の名前が記されていますが、彼はレコーディング終了後に加入しています。"Saturday Nite"と"Boys Will Be Boys"の2曲のギターソロだけは差し替えられていますが、他のパートは全てトニー・ブルーノ・レイ(Tony "Bruno" Rey)によるものです。

※2014年に最新リマスター盤が出ました。プロモーション用5曲入りライヴ・アルバムDown And Dirty Live! (非売品)に収められていた、"Bang Bang"、"Naughty Naughty"、"Rock'n'Roll Hoochie Koo"がボーナス・トラックとして収録されています。同時に発売された2ndScrew It! リマスター盤には、"Groove Or Die"と"Boys Will Be Boys"が収録されており、これで入手困難だったDown And Dirty Live! の全曲揃うことになります。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Naughty Naughty (B. Ravel, S. West)
02. Under The Gun (B. Ravel, S. West)
03. Saturday Nite (B. Ravel, S. West)
04. Don't Walk Away (B. Ravel, S. West)
05. Bang Bang (B. Ravel, S. West)
06. Rock America (B. Ravel, S. West)
07. Boys Will Be Boys (B. Ravel, S. West)
08. One Step From Paradise (B. Ravel, S. West)
09. Feels Like Love (B. Ravel, S. West)
10. Turn It On (B. Ravel, S. West)
11. Live It Up (B. Ravel, S. West)

■Personnel
Ted Poley - vocals
Tony "Bruno" Rey - guitar
Andy Timmons - guitar
Kasey Smith - keyboards
Bruno Ravel - bass guitar
Steve West - drums

Producer - Lance Quinn



The Complete Works I & II / Touch (1979,1981)

0003Touch The Complete Works

タッチ、懐かしいです。NWOBHMの勃興を受けて始まった HR/HM系の一大イベント「モンスターズ・オブ・ロック」、1980年の第一回目の最初の出演者がタッチなんですね。この時のライブ録音がオムニバス盤としてLPレコードで発売され、筆者もリアルタイムで聴きました。そのレコードの収録曲の中で、レインボーやスコーピオンズといった名だたるアーチストよりも印象に残ったのが、無名バンドだったタッチの"Don't You Know What Love Is"でした。今回は、タッチの1stと、リリースされなかった2ndをカップリングして1998年に発売されたThe Complete Works I & II のご紹介です。便宜的に1stと2ndを別けて書いてみます。

【Disk 1 - Touch I】
■Tracks
01. Don't You Know What Love Is (M. Mangold)
02. When The Spirit Moves You (M. Mangold)
03. Love, Don't Fail Me (M. Mangold)
04. Black Star (M. Mangold)
05. There's A Light (M. Mangold)
06. So High (M. Mangold)
07. Last Chance For Love (M. Mangold)
08. Yes (You Need To Rock 'N Roll) (D. Howard, M. Mangold)
09. Listen (Can You Feel It) (M. Mangold)
※Bonus Track
10. My Life Depends On You (M. Mangold)
11. Don't You Know What Love Is [LIVE]

■Personnel
Craig Brooks - Vocals, Guitars
Mark Mangold - Vocals, Keyboards
Doug Howard - Vocals, Bass
Glenn Kithcart - Drums, Percussions

Producer - Tim Friese-Greene
Except Track 11 Produced by Roger Glover

タッチは、70年代にValhalla、American Tearsといったバンドでいわゆるプログレハード的な音楽を作ってきたマーク・マンゴールドが結成したバンドです。ライナーノートによれば、バンドはデビュー・アルバムの製作にあたって、当時クイーンやジャーニーのプロデュース、またT.レックスのエンジニアとして著名だったRoy Thomas Bakerのプロデュースを希望していたようですが、それは叶いませんでした。そこで、彼のエンジニアで、プロデュース経験もあるティム・フリース-グリーン(Tim Friese-Greene)がプロデュースを担当することになりました。ティム・フリース-グリーンはプレイング・マンティスの伝説の1stアルバムもプロデュースしています。また、シティ・ボーイのHeads Are Rollingも彼のプロデュースです。シティ・ボーイのMike Slamerは、後にStreetsやSteelhouse Laneなどのバンド活動の他に、セッション・ギタリスト、プロデューサー、コンポーザーとしても大活躍する人です。タッチのマーク・マンゴールドも、同様の道を歩むことになります。プロデューサーやエンジニア、それからコンポーザーまで含めてメロハー業界を見渡すと、地下茎のように人脈がつながっているのが分かります。

このタッチの1stアルバムは、全体としてカラフルでポップなプログレハードという印象です。中でも"Don't You Know What Love Is"の出来栄えが特に素晴らしい。クレイグ・ブルックスの高音が伸びるボーカルと、マーク・マンゴールドのハスキーな低音が掛け合いながら、美しいメロディを綴っていく進行がほんとうにワクワクさせてくれます。この曲はシングルカットされ、英メロディメーカー・チャートで1位、米ビルボード・チャートでは69位を記録しています。マーク・マンゴールド生涯の傑作だと思います。ボーナスでモンスターズ・オブ・ロックのライブ・バージョンが再録されているのもうれしい限り。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

【Disk 2 - Touch II】
■Tracks
01. Never In Love (M. Mangold)
02. Just One Step (M. Mangold)
03. Frozen On A Wire (M. Mangold)
04. Far Enough (M. Mangold)
05. Too Much In Love (M. Mangold)
06. Take It Back (M. Mangold)
07. Anything For Rock 'n Roll (C. Brooks, M. Mangold)
08. You're Not A Child Anymore (M. Mangold)
09. Between The Lines (M. Mangold)
10. Beg Me (M. Mangold)
11. Is It Really Me? (M. Mangold)
12. Feels Like Love (M. Mangold)
13. Let Me Love You (M.Mangold)
14. Tonight [Rough mix version] (M. Mangold)
15. Just Take A Beat Of My Heart [Rough mix version] (M. Mangold)
16. Look [Rough mix version] (M. Mangold)
17. I Found Someone [Rough mix version] (M. Mangold, M. Bolton)

■Personnel
Craig Brooks - Vocals, Guitars
Mark Mangold - Vocals, Keyboards
Doug Howard - Vocals, Bass
Glenn Kithcart - Drums

Producer - Todd Rundgren
Except Track 6 Produced by Roger Glover & Mark Mangold
Except Tracks 14-17 Produced by Touch

2ndアルバムは、天才トッド・ラングレンをプロデューサーに迎えて製作されました。ところが、これもライナーの情報ですが、トッドはほとんど顔を出さず、彼のエンジニアが作ったも同然だったようです。仕上がりに満足しないレコード会社がリリースを拒否、結局2ndはお蔵入りという悲運に見舞われることになりました。今回日の目を見たこの2ndアルバムのクレジットで、6曲目を除いてプロデュースはトッド・ラングレンとなっていますが、実際は1~13曲目まで全てロジャー・グローバー(ディープ・パープル~レインボー)がプロデュースし直したテイクが収められています。14~17曲目は当初はアルバムに収録されていなかったもの。

中身についてですが、基本的には1stと同じ路線です。サックスが入ったAOR風の曲などもあり、音楽性の幅が広がったとも言えますが、反面やや散漫な印象も受けてしまいます。

2ndアルバムをめぐるゴタゴタが続く中でバンドは解散状態となり、マンゴールドは、マイケル・ボルトンとの仕事を皮切りにコンポーザーとしての道を歩むことになります。また、Drive She Said~Mystic Healer~The Signとバンド(プロジェクト?)活動も継続、メロハー業界のキーマンの一人となっています。ベースのダグ・ハワードはスタン・リア(StunLeer)というグループでアルバムをリリースしています。メイン・ボーカルのクレイグ・ブルックスだけは、ロジャー・グローバーのソロ・アルバムに参加したり、マンゴールドと共にマイケル・ボルトンの曲を書いたりしている他にはその後の消息が分かりません。消えてしまうには惜しいボーカリストだと思うのですが。。。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。




Harem Scarem / Harem Scarem (1991)

0002Harem Scarem

ハーレム・スキャーレムは、カナダで結成されたメロディアス・ハードロック・バンドです。オリジナル・メンバーのうち、ハリー・ヘス(Vo)、ピート・レスペランス(Gt)、マイク・ジオネット(Ba)はカナダ人、ダレン・スミス(Dr)のみイギリス人です。このバンドは曲・歌唱力・演奏力が三拍子そろって高水準で、この1stアルバムから既にとんでもない完成度を示しています。サウンドはハード過ぎず、ポップ過ぎず、知的でいて暖か味があり、そして収録されている曲の全てが覚えやすく、一緒に口ずさみたくなるようなメロディばかり。このバンドの大きな特徴となっている厚みのある美しいコーラスも、アルバム全曲で聴くことができます。日本盤ボーナス・トラックは、アルバムのオリジナル曲のうち3曲のアコースティック・バージョン。メロディを大切にして作られた曲は、どんなアレンジで演奏されてもそのメロディは活きるものですが、シンプルなアコースティック演奏では、メロディそのものの素晴らしさをとりわけ感じとれるように思います。

プロデューサーはケヴィン・ドイル(Kevin Doyle)、70年代から主にレコーディング・エンジニア、ミックス・エンジニアーとして数多くの仕事をこなしています。このアルバムでは、プロデュースの他にアレンジからミックスまで深く関与しています。次作のMood Swingsもケヴィン・ドイルによってプロデュースされています。また、このアルバムにはカナダの先輩バンドから、Honeymoon Suiteのレイ・コバーン、Coney Hatchのカール・ディクソン、Haywireのポール・マッコースランドなどがレコーディングに参加しています。

後のアルバムではほとんど全てボーカルのハリー・ヘスとギターのピート・レスペランスが曲を書くことになりますが、このアルバムの何曲かは外部のライターの手も借りているようです。この後、音楽性の変遷、メンバーチェンジ、そしてバンド名の変更といった、長く曲がりくねった道を歩むことになるハーレム・スキャーレム。しかし、彼らの原点となったこの1stアルバムは、永遠にその輝きを失わないでしょう。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Hard to Love (C. Ward, H. Hess, P. Lesperance)
02. Distant Memory (H. Hess, P. Lesperance, M. Ribler)
03. With a Little Love (H. Hess, P. Lesperance)
04. Honestly (H. Hes)
05. Love Reaction (H. Hess, P. Lesperance, R. Coburn)
06. Slowly Slipping Away (H. Hess, M. Ribler)
07. All Over Again (H. Hes)
08. Don't Give Your Heart Away (H. Hess, P. Lesperance)
09. How Long (H. Hess, P. Lesperance, D. McTaggart)
10. Something to Say (H. Hess, P. Lesperance)
※日本盤ボーナス・トラック
11. Slowly Slipping Away [Acoustic Session]
12. How Long [Acoustic Session]
13. Hard to Love [Acoustic Session]

■Personnel
Harry Hess - lead vocals, guitar
Pete Lesperance - lead guitar, backing vocals
Mike Gionet - bass, backing vocals
Darren Smith - drums, backing vocals

Ray Coburn - keyboards
Terry Hatty - backing vocals
Carl Dixon - backing vocals
Marc Ribler - backing vocals
Paul MacAusland - backing vocals

Producer - Kevin Doyle, Harry Hess, and Pete Lesperance


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ