メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

The Truth And A Little More / Eclipse (2001)

0323The Truth And A Little More









スウェーデンのメロハー・バンドEclipseの1stアルバム。このところ、ジェフ・スコット・ソート、ロバート・サールとのW.E.T.や、ロニー・アトキンスとのNordic Unionの他、プロデューサー、ソングライターとしても八面六臂の活躍を示し、すっかりシーンのキー・パーソンの一人となったエリック・モーテンソンのリーダー・バンドのデビュー作です。メンバーは、ボーカル、リズム・ギター、ベースを兼任するエリック・モーテンソンの他、リード・ギターのマグナス・ヘンリクソン、ドラムとキーボードのアンダース・ベルリンというトリオ編成。不完全な編成なのでメンバーだけではライブが出来ませんね。Work of Artといい、Houstonといい、近年のスウェーデンのバンドはこういう形態が多いのは何故なのかな。なお、本作は2001年にZ Recordsからリリースされましたが、既に廃盤となっていて再発もされず、長い間非常に入手しづらい状況が続いています。

さて音のほうですが、いかにも北欧風のすっきりしたメロディアス・ハードロック。先行するスウェーデンのバンドのエッセンスをあちこちに感じます。一番近いと思ったのはOut of This World、Prisoners in ParadiseのころのEuropeで、エリック・モーテンソンの声質と歌唱スタイルもその当時のジョーイ・テンペストを思わせるものがあります。もちろん曲ごとのバラエティは豊富で、様々なタイプの楽曲が楽しめます。特徴的なのは、曲のアレンジが凝っていてスタイリッシュなこと。これがこのバンドを個性的に感じさせるポイントでしょうか。メロディ・ラインよりアレンジ、アンサンブルが耳に残る感じです。その点ではWork of Artにも通じていると思いました。全曲が佳曲以上の出来で、デビュー作にしてこの充実ぶりはさすがはエリック・モーテンソンです。ただ、文句なしの名曲というレベルの楽曲はないのが残念。

リード・ギターのマグナス・ヘンリクソンは、上手い上にちょっとトリッキーなとろもあって中々面白いと感じました。#8"Songs Of Yesterday"ではゲストのキー・マルセロ(ex-Europe)がエモーショナルなギター・ソロを聴かせてくれ、マグナス・ヘンリクソンとの違いが見えて興味深いです。ゲストと言えば、マッツ・オラウソンが一部の曲でキーボードを弾いていますが、この人2015年に亡くなっていたんですね。知りませんでした。

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Midnight Train (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
02. The Truth (Erik Mårtensson)
03. The Only One (Anders Berlin/Erik Mårtensson)
04. Message Of Love (Erik Mårtensson)
05. I Believe In You (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson/Anders Berlin)
06. I Thought I Had It All (Erik Mårtensson)
07. The Way I Feel (Erik Mårtensson/Anders Berlin)
08. Songs Of Yesterday (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
09. A Little More (Erik Mårtensson)
10. Too Far (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson)
11. How Many Times (Erik Mårtensson)
12. I Won´t Hide (Erik Mårtensson)

■Personnel
Erik Mårtensson - Vocals, All Rhythm Guitars, Bass
Anders Berlin - Hammond Organ, Keyboards, Drums, Percussion
Magnus Henriksson - Lead Guitars

Mats Olausson - Lead Keyboards on #11, All Keyboards on #9
Kee Marcello  - Lead Guitar on #8
David "Galen Gotlänning"Wallin - Backing Vocals
Madeleine Johansson - Cello on #8, #12
Anneli Magnusson - Backing Vocals on #10, #12

Producer - Eclipse, Fredrik Folkare

Brother's Keeper / Fair Warning (2006)

0322Brother's Keeper









解散状態だったFair Warningの復活第一作。残念ながらアンディ・マレツェク(Gt)は再結成に加わっていませんが、トミー・ハート(Vo)、ヘルゲ・エンゲルケ(Gt)、ウレ・リトゲン(Ba)、C.C.ベーレンス(Ds)とオリジナル・メンバー4人が顔を揃えました。

久しぶりのFair Warningの新作ということで、期待は大きく膨らんでいましたが、#1"Don't Keep Me Waiting"を聴いた途端、その期待が裏切られなかったことを確信して嬉しかったです。今まで通りの分厚いサウンド、ドラマチックなメロディ、そして天空から降りそそぐギターの音色、全てにうっとりしてしまいます。これは文句なく名曲ですね。残りの楽曲も概ね出来が良く、アルバムを通してFair Warningらしさを十分に堪能できます。しかしながら、「あれ?なんか前に聴いたことがあるような」と感じる場面が少なからずあり、その点はちょっと失望を禁じえません。このバンドはメロディやフレーズの使い回しが以前からありました。本作ではそれがさらに増えています。過去作からか、DreamtideかはたまたZenoからか、一々確認はしていませんがあまり印象は良くありません。マンネリという声も聞かれますが、マンネリとはちょっと違うような気がします。作風や路線を大きく変えないという意味では、マンネリが必ずしも悪いとは言えないけれど、過去の楽曲のパーツのつぎはぎで曲を仕立てるのはミュージシャン・シップのレベルが低いことの表れだと思うのです。うーむ、この作品で初めてFair Warningを聴いたのなら間違いなく名盤と認定しただろうなぁ。。。なんとも複雑な感想を抱いてしまいました。

なお、本作の国内盤CDは、2006年オリジナル盤(13曲収録)が2種(ドキュメンタリー映像を収録したDVD付き初回限定盤とCDのみの通常盤)、2009年紙ジャケSHM-CD仕様(15曲収録で曲順も異なる)、2016年リマスター盤(12曲収録)が流通しています。毎度のことながら、あー、めんどくさ。。。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Don't Keep Me Waiting (Ule W. Ritgen)
02. Tell Me Lies (Helge Engelke)
03. In The Dark (Ule W. Ritgen)
04. Wasted Time (Ule W. Ritgen)
05. No Limit (Ule W. Ritgen)
06. Generation Jedi (Helge Engelke)
07. The Way (Ule W. Ritgen)
08. All Of My Love (Ule W. Ritgen)
09. Once Bitten Twice Shy (Ule W. Ritgen)
10. The Cry (Ule W. Ritgen)
11. All I Wanna Do (Ule W. Ritgen)
12. Rainbow Eyes (Ule W. Ritgen)
13. Push Me On (Ule W. Ritgen)

■Personnel
Tommy Heart – vocals
Helge Engelke – guitars
Ule W. Ritgen – bass
C. C. Behrens – drums

Producer – Fair Warning

Snakecharmer / Snakecharmer (2013)

0321Snakecharmer









元Whitesnakeのミッキー・ムーディ(Gt)、ニール・マーレイ(Ba)、元Wishbone Ashのローリー・ワイズフィールド(Gt)、Heartlandのクリス・ウーズィー(Vo)、Thunderのハリー・ジェイムズ(Ds)、そしてリック・ウェイクマンの息子でBlack Sabbathなどでプレイしているアダム・ウェイクマン(Key)という、錚々たる顔ぶれによって結成されたSnakecharmerの1stアルバム。バンド名から分かるように、初期Whitesnakeを支えたメンバーがやってきた一連の「スネイクなんちゃら」というバンドの最新版ですね。もういい加減「スネイク」は卒業すればいいのにと思いますが、いかがなものでしょうか。あと、ローリー・ワイズフィールドがまだ現役だったのには驚きました(失礼)。音のほうは、初期WhitesnakeやBad Companyなどを髣髴とさせるもの。つまりブルース、R&Bに根ざした伝統的なブリティッシュ・ハードロック以外の何物でもありません。1970年代にはブリティッシュ・ブルース出身のミュージシャンがワンサカいて、こういうサウンドはありふれていたわけですが、今となっては逆に新鮮に感じてしまいます。まあとにかく嬉しい作品です。

まず、クリス・ウーズィーが素晴らしい。奇をてらったところが全くないシンプルでナチュラルなブルース・ロックこそがやはりこの人にはピッタリで、水を得た魚のように伸び伸びとした歌唱を披露しています。いや~、Heartlandを聴くたびに感じていたモヤモヤが嘘のよう。渋くてブルージーなのに何故かHeartlandよりメロディアスに感じられるのが不思議です。もっと早くこのメンツでやって欲しかったなぁ。ミッキー・ムーディとローリー・ワイズフィールドのギターもいい感じです。ほとんどペンタトニック一発勝負。タッピングでピロピロとかアーミングとかも一切やってません。リズム・セクションもキーボードもさすがに安定感抜群で文句の付けようがないです。メンバーの皆さんは結構高齢者も多いので、もう余計なことはしないでこのバンドに集中してアルバム制作してほしいし、できればツアーもやってもらいたいですね。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. My Angel (Moody, Ousey, Wisefield)
02. Accident Prone (Wisefield, Ousey)
03. To The Rescue (Wisefield, Ousey)
04. Falling Leaves (Wisefield, Ousey)
05. A Little Rock & Roll (Ousey, Moody, Wherry, Moody)
06. Turn Of The Screw (James, Moody, Murray, Ousey, Wakeman, Wisefield)
07. Smoking Gun (Moody, Ousey)
08. Stand Up (James, Ousey)
09. Guilty As Charged (Wisefield, Ousey)
10. Nothing To Lose (James, Moody, Murray, Ousey, Wakeman, Wisefield)
11. Cover Me In You (Ousey, Moody, Wherry, Moody)
12. White Boy Blues [Bonus Track] (Moody, Ousey)

■Personnel
Chris Ousey - Lead Vocals
Micky Moody - Guitars, Vocals
Laurie Wisefield - Guitars, Vocals
Adam Wakeman - Hammond Organ, Keyboards
Neil Murray - Bass
Harry James - Drums

Gareth Roberts - Additional Percussion

Producer - Snakecharmer

O2 / FireHouse (2000)

0320O2









アメリカン・ハードロック・バンドFireHouseの6thアルバム。ライブ盤を含めると7枚目のアルバムになります。これまでずっとオリジナル・メンバーのラインナップが維持されてきましたが、本作ではベースがペリー・リチャードソンからブルース・ウェイベル(ex-The Gregg Allman Band、2003年死去)にチェンジしています。FireHouseのリズム隊は以前から優秀でしたが、このメンバー・チェンジでリズムがより一層躍動的になったのが1曲目を聴いてすぐ分かります。

本作では、#3"The Dark"でラップを取り入れたり、#7"I'm In Love This Time"ではギタリストのビル・レヴァティがリード・ボーカルを務めたり、新しい試みも見られますが、基本的にはこれまでのFireHouseの音楽性を踏襲しています。横ノリのグルーヴが心地よい#2"Take It Off"、明るく伸びやかなハードポップ#5"I'd Rather Be Making Love"、ハートウォーミングなバラード#9"Loving You Is Paradise"、初期の作風に近いスピーディなハードロック#10"Call Of The Night"と、FireHouseらしいメロディアスな佳曲が目白押し。毎度のことながらバラエティ豊富で聴き飽きることはありません。ただ一点だけ残念なのはギターの音が分厚くヘヴィ過ぎること。これまでもディストーションは比較的キツめでしたが、本作では更に歪みまくりで音質もザラザラしていてノイジーに感じます。エフェクターを変えたのかアンプを変えたのか原因は分かりませんが、次作も同じような音なのできっと意図的なものなんでしょうね。しかし筆者としては、これでずいぶんFireHouseサウンドの軽快さ、心地良さが損なわれてしまったと感じます。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Jumpin'
02. Take It Off
03. The Dark
04. Don't Fade On Me
05. I'd Rather Be Making Love
06. What You Can Do
07. I'm In Love This Time
08. Unbelievable
09. Loving You Is Paradise
10. Call Of The Night
All songs written by Snare/Leverty

■Personnel
C.J. Snare - lead vocals, keyboards
Bill Leverty - guitars, vocals (lead vocals & keyboards on #7)
Michael Foster - drums, percussion, vocals
Bruce Waibel - bass guitar, vocals

Producer - Bill Leverty

Human Clay / Human Clay (1996)

0319Human Clay









Talismanのマルセル・ヤコブとジェフ・スコット・ソートによるユニット、Human Clayの1stアルバム。Talismanは1995年4thアルバムLife リリース後にギタリストのフレドリック・オーケソンが脱退、バンドは活動休止状態となっており、その間を埋めるように1996年に発表されています。日本語ライナーノーツに記載されたマルセル・ヤコブの弁によれば、Talismanでやれなかったことにトライしたかったとのことです。しかし、本作はファンク要素がオミットされている以外にTalismanと大きな違いはなく、この説明は額面通りには受け取れません。また、収録曲がHuman Clay用に書き下ろされ新規録音されたのかどうかも怪しいところです。リズム・トラックは全てマルセル・ヤコブが制作(ドラムは打ち込み)、それにボーカル・パートをかぶせただけで、ミックスもかなりラフ。全体に音響・音質的にはチープなもので、いかにもデモ音源に若干手を加えてアルバムに仕立てました感が否めません。いずれにしても、Talisman再始動までのつなぎにチャチャっと制作したものを、レコード会社との関係上Talisman名義は使えず別名義でリリースしたのではないかと推察されます。

じゃあ、このアルバムは聴く価値がないのかというと、それがまた困ったことにそこそこ良いアルバムになっているのです。マルセル・ヤコブとジェフ・スコット・ソートが組めば、駄作・凡作は生まれようがありません。前述した通りファンク要素はないものの、いかにもTalismanらしいメロディアスなハードロックでしかも佳曲揃い。また、リズム・ギターだけでなくほとんどの曲のギターソロはマルセル・ヤコブが弾いているのですが、これがそこら辺のギタリスト以上に上手くて驚かされます。#4"Jealousy"はイングヴェイ・マルムスティーン、#7"Now It's Time"はブライアン・ヤング、ジョン・ノーラムのTotal Control 収録曲#14"Eternal Flame"はフレドリック・オーケソンがリードギターを弾いており、これらゲスト・ギタリストのプレイも楽しみの一つです。サウンド的にチープなことに目をつぶれば、Talismanファンなら気に入る作品だと思います。

なお、ボーナス・トラックの2曲は他の曲と明らかに音が違い、ドラムも生ドラムに聴こえます。特に、辞めたばかりのフレドリック・オーケソンがゲストでソロを弾きに来るというのもおかしな話で、もしかしたら#14"Eternal Flame"は実はTalismanの音源なのではないかと憶測してしまいました。後にHuman Clayの1st、2ndをまとめたThe Complete Recordings という2枚組アルバムが発売されており、もしかしたらそこに何か記されているかもしれませんが、未入手なので詳しいことは分かりません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. 2 Your Heart
02. Golden Years
03. Heaven On Earth
04. Jealousy
05. Outside Lookin' In
06. Without U
07. Now It's Time
08. Don't Look Back
09. Holdin' On
10. I Wanna Go Home
11. Vows In Stone
12. I'd Rather Have The Blues (Than 2 Spend My Life With U)
13. In The Line Of Fire [Bonus]
14. Eternal Flame [Bonus]
All songs written by Jacob/Soto
except "Eternal Flame" by Norum/Jacob

■Personnel
Jeff Scott Soto
Marcel Jacob

Ingwie J. Malmsteen - Lead Guitars on #4
Brian Young - Lead Guitars on #7
Fredrik Åkesson - Lead Guitars on #14

Producer - Marcel Jacob & Jeff Scott Soto

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ