メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Holy Man / Joe Lynn Turner (2000)

0333Holy Man










ジョー・リン・ターナー(JLT)の6枚目のソロ作。カバー企画盤を除くオリジナル・アルバムとしては4thアルバムということになります。今回はDeep PurpleやRainbowタイプのハードロックをメインとした趣向になっています。参加したギタリストは全部で7人で、それぞれ持ち味の異なるプレイが楽しめます。特に梶山章は全13曲中7曲と、初登板だった前作Under Cover 2 の3曲を上回る大抜擢に応えて素晴らしいプレイを披露しています。また、ギタリストそれぞれが担当曲の作曲にも関与しているのも興味深いポイント。他のギタリストは、ジョー・ボナマッサ、アンディ・ティモンズ、アル・ピトレリ、カール・コクラン、トム・ティーリー、アラン・シュワルツ。リズム隊はベースにエリック・ツァーとグレッグ・スミス、ドラムにケニー・クラム、それからキーボードにはポール・モリスと、JLTのアルバムではお馴染のプレイヤーが主にクレジットされています。

#1"No Salvation"
冒頭3曲は梶山章が参加したRainbowスタイルの曲。オープニングは、リフからオルガンからとにかくRainbowっぽいスピード・チューンで、JLTものっけから飛ばしまくってます。梶山章のギターソロは、トレブリーなトーンと軽やかなフレージングがリッチー・ブラックモアそのまんま。そういう評価が本人にとって本当に良いか悪いかは別にして、素晴らしい演奏であることは間違いありません。

#2"Holy Man"
タイトル・トラックは少しテンポが落ちてヘヴィになります。なんだかRainbowの未発表曲集を聴いていると錯覚してしまいそう。

#3"Anything"
"Can't Let You Go"に似たメロディアスなバラード曲。梶山章のソロが特にエモーショナルで見事だと思います。擦過音などのノイズが聴こえるのも生々しくて逆に強い印象を受けます。

#4"Honest Crime"
#5"Wolves At The Door"
#6"Angel"
ソロ・デビュー間もない頃のジョー・ボナマッサを起用してのヘヴィなブルース・ロックが3曲続きます。考えてみればこれも大抜擢だったのかもしれません。若さに似合わずコクと粘りのあるギターがいい感じです。本作でのセッションが縁となったのか、エリック・ツァーとケニー・クラムはジョー・ボナマッサのバンドのリズム隊に加わることになります。

#7"Something New"
本作の中では異色なファンキーなグルーヴを打ち出した曲。ソロはアンディ・ティモンズ。

#8"Love Is Blind"
#9"Breaking Away"
ここは残念ながら中だるみですね。捨て曲と言われても仕方のない曲が2曲続きます。歌唱・演奏はもちろん文句無しなんですが。

#10"Midnight In Tokyo"
ラスト4曲は再び梶山氏登板です。ヴァース部分でドラムがオカズ叩きまくっているのは"Burn"と同じ趣向。ギター・ソロが無茶苦茶カッコよくて鳥肌立ちます。蛇足ですがこれ、空耳じゃなく完全に「みんなのトーキヨー」って言ってますね。

#11"Babylon"
タイトルから想像がつくように、"Gates of Babylon"を思わせる中近東イメージの曲。期待に違わぬ梶山氏のアラビアン・フレーズに思わず拍手してしまいました!

#12"Closer"
優しく暖かいメロディが印象的なバラード。JLTのボーカルと梶山章のギターが共鳴している感じ。うーん、この二人は最高のコンビだと思わせますね~。

#13"Too Blue To Sing The Blues"
"Fire In The Basement"や"Lazy"を思い出させる超カッコいいシャッフル・ナンバー。ギターはバッキングもソロもとにかく絶品です。梶山章参加曲は全て出来がいいので、いっそ全曲梶山章でいってくれた方が統一感もあってよかったんじゃないかなぁ。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Salvation (J. L. Turner, A. Kajiyama)
02. Holy Man (J. L. Turner, B. Held, A. Kajiyama)
03. Anything (J. L. Turner, B. Held, A. Kajiyama)
04. Honest Crime (J. L. Turner, B. Held, J. Bonamassa)
05. Wolves At The Door (J. L. Turner, B. Held, J. Bonamassa)
06. Angel (J. L. Turner, B. Held, J. Bonamassa)
07. Something New (J. L. Turner, K. Cochran)
08. Love Is Blind (B. Held, T. Teeley)
09. Breaking Away (K. Cochran, R. Young)
10. Midnight In Tokyo (J. L. Turner, B. Held, A. Kajiyama)
11. Babylon (J. L. Turner, A. Kajiyama)
12. Closer (J. L. Turner, A. Kajiyama)
13. Too Blue To Sing The Blues (J. L. Turner, A. Kajiyama)

■Personnel
Joe Lynn Turner - vocals, background vocals on 2, 7, 8, 9, 12
Akira Kajiyama - guitars on 1, 2, 3, 10, 11, 12, 13
Joe Bonamassa - guitars on 4, 5, 6
Andy Timmons -  guitar end solo on 4, guitar solo on 7
Al Pitrelli - addt'l guitars on 6, guitar end solo on 13
Alan Schwartz - guitar end solo on 6, 8
Karl Cochran - guitars on 7, 9
Tom Teeley - guitars on 8, keyboards on 8, background vocals on 2, 7, 8
Paul Morris - keyboards on 1, 2, 3, 4, 5, 9, 10, 11, 12, 13
Eric Czar - bass on 1, 2, 3, 10, 11, 12, 13
Greg Smith - bass on 4, 5, 6, 7, 8, 9
Kenny Kramme - drums
Nancy Bender - background vocals on 2, 7, 8, 12
Tabitha Fair - background vocals on 2, 7, 8, 12

Producer - Bob Held, Joe Lynn Turner
Executive-Producer – Mark Wexler


Man With A Mission / Aquila (2004)

0332Man With A Mission









オランダのメロハー・バンドAquilaの2作目。Aquilaは1stのレビューで記したようにTerra Novaの後継バンドで、このMan With A Mission がAquila名義でのラスト・アルバムとなっています。リーダーのフレッド・ヘンドリックス(Vo)と弟のロン・ヘンドリックス(Key)は当然引き続き参加していますが、Terra Nova時代から一貫してメンバーだったジェスィーノ・デローザス(Gt)は何故か今回クレジットがありません。次作からは再びTerra Nova名義となり、ジェスィーノ・デローザスも復帰しています。

前作はアコギが多用され、Terra Novaより更に軽快なサウンドが特徴的でしたが、本作ではクランチ・サウンドがメインとなっています。ジェスィーノ・デローザスが弾いていないせいか、サウンド的にもアレンジ面でも「なんかTerra Novaと違うなぁ」という印象。アコースティカルだった前作と比べてもむしろTerra Novaから離れた感じです。ドラムもなんだか軽いし。ハード・ポップというよりパワー・ポップ的なんですね。その辺はまあ微妙な感覚なのでいいとしても、肝心のメロディまで変わってしまった印象を受けたのが気になります。Terra Novaっぽくないというか、フレッド・ヘンドリックスっぽくないというか。#1"Oh Boy"、#6"Man With A Mission"、#12"Run"あたりは従来のメロディが堪能できるのですが、アルバム全体としてはちょっと違和感を持ってしまいました。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Oh Boy
02. One In A Million
03. He Wants It (Real Life)
04. Bite Me
05. What Would I Do
06. Man With A Mission
07. Shakin' Me Babe
08. Still Standing
09. Rescue Me
10. A Thousand Rainbows
11. I'm Gonna Win
12. Run
13. Seven Days
14. All Cried Out
 All songs written by Fred Hendrix

■Personnel
Fred Hendrix - Lead Vocal, Guitar
Ron Hendrix - Organ, Keyboard, Backing Vocal
Coen Pots - Guitar, Backing Vocal
Emiel Scholsberg - Guitar, Backing Vocal
Eric Derix -  Drums

Eric Coenen - Bassguitar on #8

Producer - Fred Hendrix

The Very Best Of LAD / Last Autumn's Dream (2007)

0331The Very Best of Lad









2007年にリリースされたLast Autumn's Dreamのベスト・アルバム。来日記念盤として日本独自編集されたもので、海外では翌2008年にLive In Germany とカップリング2枚組でEscape Musicからリリースされています。4thSaturn Skyline リリース後の時点での編集ということで、1stから3rdまでそれぞれ3曲、4thから5曲、日本未発表曲が2曲、計16曲収録となっており、バランス的にも内容的にもまず順当な選曲ではないかと思いました。ただし、#16"Skyscraper"はいただけない。ベスト盤に入れるような曲ではないでしょう。オリジナルは日本のバンドの曲ということですが、まさかそれで日本人に受けると判断したのなら大間違いだと思います。気になるのは日本未発表曲の2曲です。未発表曲がなんでベスト曲なんだ?というのはとりあえず措いて、まず#11"Rocket Of Love"は4thアルバムのアウトテイクで、可もなく不可もなくといったところ。#15"Doin' Time"は1stのヨーロッパ盤ボーナス・トラックで、このバンドとしては珍しくちょっとオシャレな雰囲気の佳曲です。

それから、1stのリズム・セクションはEuropeのジョン・レヴィン&イアン・ホーグランド、2nd~4thはTalismanのマルセル・ヤコブ&ジェイミー・ボーガーのコンビで、1枚のアルバムでこれを聴き比べできるというのも楽しいポイントです。また、音質的に問題があった2ndアルバムからの収録曲も、低音の音圧不足が改善されて他の曲と違和感なく聴けるのは良かったと思いました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Again And Again (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
02. Break The Chains (Of Destiny) (R. Brightman)
03. Pages (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
04. Up In Paradisee (R. Brightman)
05. Love To Go (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
06. Going Home (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
07. Winter In Paradise (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
08. Brand New Life (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
09. After Tomorrow´s Gone (J. Borger, M. Levén)
10. Don't Let Our Love Go Down (J. Borger)
11. Rocket Of Love (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
12. American Girl (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
13. Domino (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
14. Running (R. Brightman)
15. Doin' Time (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
16. Skyscraper (H. Tanaka, T.Kurashina, M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)

■Personnel
Mikael Erlandsson – Lead Vocals, Backing Vocals, Keyboards
Andy Malecek – Guitars
Ian Haugland - Drums 
Mic Michaeli – Keyboards
John Levén – Bass
Marcel Jacob – Bass, Rhythm Guitars
Jamie Borger – Drums
Thomas Lassar – Keyboards

Miracles By Design / Heartland (1998)

0330Miracles By Design










1998年にリリースされたHeartlandの5枚目のアルバム。クリス・ウーズィー(vo)とスティーヴ・モリス(g)がコンビを組んで3作目となります。他の参加メンバーは、前作から復帰したオリジナル・メンバーのスティーヴ・ギブソン(ds)に加え、前年にThe Distanceで共演したケニー・ケイオス・ロニー(g)、デイヴ・ホピア (ba)、ジョン・カウンセル(key)の3人のカナダのミュージシャンです。ライナーノーツによると、前作でキーボードを担当したクリス・ロイドはメンバーとしてクレジットはありますが、交通事故のため録音には不参加とのこと。

さて本作の出来ですが、大名盤の1stにはまだまだ及ばないものの1作ごとに良くなっている印象を受けます。まずリズム・セクションが素晴らしい。スティーヴ・ギブソンもデイヴ・ホピアも優秀なプレイヤーで、躍動感のあるリズムが心地よいです。肝心のクリス・ウーズィーのボーカルも相変わらずパワフルでありながら渋くて聴き応えがあります。問題はスティーヴ・モリスです。筆者としては彼のギターとアレンジがだんだん鼻についてきました。なんでもかんでもハモればいいというものではないでしょ。楽曲そのものはいいのにアンサンブルがくどい。凝れば凝るほど、せっかくのボーカルとリズムのダイナミックさが損なわれてチマチマした印象を受けてしまいます。クリス・ウーズィーとスティーヴ・モリスの相性の問題なのかなあ。しかし、このコンビで90年代半ばから2000年代初めまでコンスタントにアルバムを制作して日本盤もリリースされ続けているので、欧州や日本では結構人気はあったのでしょうね。まあ、個人的な感想ということで勘弁してください。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. A Leap In The Dark (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
02. Miracles Take Time (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
03. Even Angels Cry (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
04. I Count The Days (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
05. Into The Flame (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
06. X Marks The Spot (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
07. Total Eclipse (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
08. Catch You If You Fall (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
09. Show Me The Way (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
10. Always The Love Will Survive (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
11. Let It Roll (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)

■Personnel
Chris Ousey - Lead Vocals, Backing Vocals
Steve Morris - Lead Guitars, Guitars, Keyboards
Steve Gibson - Drums
Chris Lloyd - keyboards
Kenny 'Kaos' Loney - Guitars
Dave Hopia - Bass
John Counsel - Guest Keyboards

Producer - Steve Morris, Paul Dean

Standing On The Shoulders Of Giants / Tribe of Gypsies (2000)

0329Standing On The Shoulders Of Giants









アメリカのラテン・ロック・バンドTribe of Gypsiesの3作目のフルレンス・アルバム。Tribe of Gypsiesは、HM系アーティストのプロデュースや楽曲提供でも著名なロイ・Zのリーダー・バンドです。メロディアスなラテン・ハードロックの1st、ラテン色が強まり静と動の対比が見事な2ndときて、さて本作はというと2ndより更におとなしくなってハードさが薄れました。70年代末から80年代初頭のピーター・グリーンの一連の作品を思わせる空虚感・浮遊感が漂っています。

印象的な曲をざっと見ていくと、まず#1"The Flower"は曲調といい、ロイ・Zのギター・フレーズといい、聴いていると落ち込みそうなほど哀しさ、寂しさに満ちています。#2"Rays Of The Sun"、#3"Admit It"はちょっと元気で、リズムセクションがカッコよくて特にベースがメチャメチャ凄いです。#5"Puro Party"、#6"What Cha Want"、#7"Ange"は本作の中では歌唱と演奏が比較的エネルギッシュでハードな曲。#12"Parisienne Walkways"は言わずと知れたゲイリー・ムーアとフィル・ライノットの名曲「パリの散歩道」です。Tribe of Gypsiesにピッタリなカバーだと思います。ロイ・Zのギターもここでやっと本領発揮ですが、できればもっとギンギンに弾きまくって欲しかったなぁ。

アルバム全体の印象としては、ラテン・ロックと言っても、熱狂とか官能とかの言葉からは程遠いサウンドです。2ndのような手に汗握るインプロビゼーションも少ない。一言で言って地味。うーん、地味でも十分カッコいいしこれはこれで好きだけれど、ちょっと抑え過ぎじゃないかと思ってしまいました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Flower (Roy Z, Bruce Dickinson)
02. Rays Of The Sun (Roy Z, Gregory Analla, David Ingraham)
03. Admit It (Juan Perez, Roy Z, Gregory Analla)
04. It Don't Bother Me (Ray Rodriguez, Roy Z, Gregory Analla)
05. Puro Party (Eddie Casillas, Roy Z, Mario Q)
06. What Cha Want (Roy Z, Gregory Analla)
07. Angel (Roy Z, Gregory Analla)
08. Up (Roy Z, Gregory Analla, Eddie Casillas, David Ingraham, Elvis Balladares)
09. Better Days (Roy Z, Gregory Analla, Mario Q)
10. Dreams (Roy Z, Mario Q)
11. Puro Party (Reprise) (Eddie Casillas, Roy Z, Mario Q)
12. Parisienne Walkways (Gary Moore, Phil Lynott)
Hidden Track : Over All (Roy Z, Rey Oropeza, Gregory Analla)

■Personnel
Roy Z - guitar, mellotron, bass (#1, #7, #10)
Gregory Analla - lead vocals
David Ingraham - drums,  percussion
Elvis Balladares - percussion
Ray Rodriguez - keyboards
Juan Perez - bass (#2, #3, #4)

Mario Aguilar - additiona percussion
Edward Casillas - bass (#5, #6, #8, #9, #12)

Producer - Roy Z & Joe Floyd
Producer - Richard Podolor (#2, #3, #4 )

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ