メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

The Destiny Stone / Pride of Lions (2004)

0301The Destiny Stone










ジム・ピートリックとトビー・ヒッチコックによるメロハー・プロジェクト、プライド・オブ・ライオンズ(Pride of Lions)の2ndアルバム。1作目と同様ジム・ピートリックとゆかりのあるプレイヤー達がバックを務めています。さて、1作目にもがっかりしましたが本作はそれ以上にがっかりしてしまいました。何度聴いても頭に残らないメロディ、上滑りのアンサンブル。陳腐で薄っぺらで、ロックのパッションがちっとも感じられない。ジミ・ヘンドリックスやジャニス・ジョプリンに繋がる音楽とは思えません。トビー・ヒッチコックの熱唱だけが空回りしています。このバンドを気に入っている方には申し訳ないけど、筆者としては厳しい点を付けざるを得ないです。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Courage To Love Somebody (Jim Peterik)
02. Parallel Lines (Jim Peterik)
03. Back To Camelot (Jim Peterik)
04. Born To Believe In You (Jim Peterik)
05. What Kind Of Fool (Jim Peterik)
06. Man Behind The Mask (Jim Peterik)
07. Light From A Distant Shore (Jim Peterik)
08. Letter To The Future (Jim Peterik)
09. The Destiny Stone (Jim Peterik)
10. Second Hand Life (Jim Peterik)
11. Falling Back To Then (Jim Peterik)
12. The Gift Of Song (Jim Peterik)
13. Reckless Love [Bonus Track] (Jim Peterik)

■Personnel
Jim Peterik – Lead & Background Vocals, Additional Keyboards, Additional Guitar, Percussion, Piano
Toby Hitchcock - Lead & Background Vocals

Hilary Jones -  Drums
Ed Breckenfeld - Drums & Percussion
Clem Hayes - Bass
Mike Aquino - Guitar
Christian Cullen - Keyboards
Scott May - Hammond B3 Organ
Kurt Howell - Programming
Tom Griffin - Background Vocals

Producer - Jim Peterik
Co-producer – Larry Millas
Executive-Producer – Serafino Perugino


傑作 30/300

レビューしたアルバムが300枚となりました。201~300枚目までで筆者の評価で★5つの「傑作」としたのは以下の29枚です(掲載順)。

I Am I / Nuclear Valdez (1989)
Jump the Gun / Pretty Maids (1990)
Alien / Alien (1988)
Alien / Alien (1989)
G. / Gotthard (1996)
Revolucion 13 / Tribe of Gypsies (1998)
Nostalgia / Clockwise (1997)
III / Giant (2001)
4 / Fair Warning (2000)
Nothin' But Trouble / Blue Murder (1993)
Runway To The Gods / Zeno (2006)
Under Cover 2 / Joe Lynn Turner (1999)
Till Next Time / TNT (1996)
Screaming Blue Murder / Blue Murder (1994)
The Hamburg Tapes / Gotthard (1996)
Life / Talisman (1995)
Rise Up / W.E.T. (2013)
Live In Japan / Fair Warning (1993)
1982 - 1992 / Europe (1993)
Standing Alone / White Wolf (1984)
Forever In Time / Praying Mantis (1998)
Earthshaker / Earthshaker (1983)
Face The Truth / John Norum (1992)
Nostradamus / Nikolo Kotzev (2001)
Return of the Great Gildersleeves / Danger Danger (2000)
Fugitive / Earthshaker (1984)
Midnight Flight / Earthshaker (1984)
Shining Line / Shining Line (2010)
Rock The Night - The Very Best Of Europe / Europe (2004)

これまでに「傑作」とした56枚と今回の29枚を合わせて計85枚、その中から再度30枚を選び直した傑作30/300=筆者の選ぶメロハー名盤は以下のとおりです。(アーティストのアルファベット順)

Alien / Alien (1988)

Rock The Night - The Very Best Of Europe / Europe (2004)

0300The Very Best Of Europe










活動休止(実質解散)状態だったEurope(ヨーロッパ)の再始動に合わせて2004年にリリースされたベスト盤です。1993年のベスト盤1982–1992が年代順に収録されていたのに対して、本作は発表順にこだわらずランダムに曲が並べられています。代表曲に加えて、Prisoners In Paradiseのアウトテイク2曲、ライブ音源2曲(日本盤は4曲)、シングルB3曲、全32(日本盤は34曲)がディスク2枚に収録されたボリュームたっぷりのベスト・アルバムとなっています。本作収録の"Seven Doors Hotel"は1stアルバム収録のものではなく、シングル"Rock The Night"のB面用として1985年に再録音されたバージョンで、特にレア度が高いと言えるでしょう。当然ドラムはトニー・レノではなくイアン・ホーグランドで、ミック・ミカエリのキーボードも入っています。そんなわけで、ヨーロッパに興味はあるけれどあまり曲を知らないという人はもちろん、オリジナル・アルバムを聴き込んでいる人でも持っていて損のないベスト盤だと思います。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
Disc 1
01. Rock The Night (J. Tempest)
02. Superstitious (J. Tempest)
03. I'll Cry For You [acoustic version] (J. Tempest/N. Graham)
04. Cherokee (J. Tempest)
05. Stormwind (J. Tempest)
06. Sweet Love Child  [single B-side] (J. Tempest/K. Marcello/M. Michaeli)
07. In the Future to Come (J. Tempest)
08. Here Comes The Night [outtake from Prisoners In Paradise sessin] (J. Tempest)
09. Sign Of The Times (J. Tempest)
10. Dreamer (J. Tempest)
11. Seventh Sign (J. Tempest/K. Marcello/M. Michaeli)
12. Yesterday's News (J. Tempest/K. Marcello/J. Levén/I. Haugland/M. Michaeli)
13. Got Your Mind In The Gutter (J. Tempest/B. Hill/K. Marcello)
14. Ready Or Not (J. Tempest)
15. Aphasia (J. Norum)
16. Time Has Come [Live at Solnahallen, Stockholm 1986] (J. Tempest)
17. Ninja [Live at Solnahallen, Stockholm 1986] (J. Tempest)
Disc 2
01. The Final Countdown (J. Tempest)
02. Halfway To Heaven (J. Tempest/J. Vallance)
03. Open Your Heart (J. Tempest)
04. Long Time Coming [single B-side] (J. Tempest/K. Marcello)
05. Mr. Government Man [outtake from Prisoners In Paradise sessin] (J. Tempest/B. Hill)
06. Carrie (J. Tempest/M. Michaeli)
07. Seven Doors Hotel  [single B-side] (J. Tempest)
08. Girl From Lebanon (J. Tempest)
09. The King Will Return (J. Tempest)
10. More Than Meets The Eye (J. Tempest/M. Michaeli/K. Marcello)
11. Prisoners In Paradise (J. Tempest)
12. Wings Of Tomorrow (J. Tempest)
13. On Broken Wings (J. Tempest)
14. Scream Of Anger (J. Tempest/M. Jacob)
15. Heart Of Stone (J. Tempest)
16. Let The Good Times Rock [Live at Ahoy Stadium, Rotterdam 1989] (J. Tempest)
17. On The Loose [Live at Solnahallen, Stockholm 1986] (J. Tempest)

■Personnel
Joey Tempest – Lead Vocals, Backing Vocals,  Acoustic Guitar, Keyboards
John Norum – Guitar, Backing Vocals
Kee Marcello – Guitar, Backing Vocals
John Levén – Bass
Mic Michaeli – Keyboards, Backing Vocals
Tony Reno – Drums
Ian Haugland – Drums, Backing Vocals


Bon Jovi / Bon Jovi (1984)

0299Bon Jovi










今さらの感はありますがボン・ジョヴィ(Bon Jovi)のデビュー・アルバムを取り上げてみます。3rdアルバムSlippery When Wet以降の作品群と比べれば少ないですが、それでも世界中で350万枚を売り上げ、全米チャート43位を記録しています。今聴いてもとてもよくできた「歌謡曲ロック」アルバムだと思います。収録曲はどれもメロディ・ラインが魅力的だし、歌唱・演奏も溌剌としていて気持ちがいい。いや~、やっぱり大したものです。筆者の一番のお気に入りは#6"Breakout"、いつも「ウォー、ウォー、ウォー」と一緒に歌いたくなります。

メンバーはジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、リッチー・サンボラ(Gt)、デヴィッド・ブライアン(デヴィッド・ラッシュバウム)(Key)、アレック・ジョン・サッチ(Ba)、ティコ・トーレス(Dr)。ただし、#1"Runaway"はバンド結成以前にジョン・ボン・ジョヴィとスタジオ・ミュージシャンによって録音されたもので、後にバンド・メンバーとなるヒュー・マクドナルドや、著名なセッション・ギタリストのティム・ピアースが演奏しています。また、Additional musiciansとして、チャック・バーギやアルド・ノヴァなどがクレジットされています。プロデューサーは後にDanger Dangerなども手がけるランス・クインと、ジョン・ボン・ジョヴィの従兄弟トニー・ボンジョヴィです。

なお、オリジナル盤の9曲に加えて、ライブ音源7曲入りの2枚組「1998 Special Edition」、ボーナス・トラックとしてライブ音源4曲を収録した「2010 Special Edition」もリリースされています。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Runaway (Jon Bon Jovi, George Karak)
02. Roulette (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
03. She Don't Know Me
04. Shot Through The Heart
05. Love Lies
06. Breakout
07. Burning For Love
08. Come Back
09. Get Ready

1998 Special Edition bonus CD
01. Runaway (Live Le Zenith 1988)
02. Roulette (Live BBC Friday Rock Show)
03. Shot Through the Heart (Live Japan Tour 1985) 
04. Burning for Love (Live Japan Tour 1985)  
05. Get Ready (Live Japan Tour 1985)
06. Breakout (Live Super Rock '84)
07. Runaway (Live Super Rock '84)

2010 Special Edition bonus tracks
01. Runaway (Live Le Zenith 1988)
02. Roulette (Live BBC Friday Rock Show)
03. Breakout (Live Super Rock '84)
04. Get Ready (Live Japan Tour 1985)

■Personnel
Jon Bon Jovi – Lead Vocals, Backing Vocals, Guitar
Richie Sambora – Lead Guitar, Backing Vocals
Alec John Such – Bass, Backing Vocals
Tico Torres – Drums
David Rashbaum – Keyboards, Backing Vocals

Hugh McDonald – Bass on "Runaway"
Roy Bittan – Keyboards on "Runaway"
Frankie LaRocka – Drums on "Runaway"
Tim Pierce – Guitar on "Runaway"
David Grahmme – Backing Vocals on "Runaway"
Mick Seeley – Backing Vocals on "Runaway"
Chuck Burgi – Additional Drums
Doug Katsaros – Additional Keyboards
Aldo Nova – Additional Guitar and Keyboards

Producer – Lance Quinn, Tony Bongiovi
Executive-Producer – Arthur Mann


Big Bang Theory / Harem Scarem (1998)


0298Big Bang Theory










ハーレム・スキャーレム(Harem Scarem)のスタジオ・フルレンス5作目。メンバーは前作Believeと同じくハリー・ヘス(vo)、ピート・レスペランス(gt)、ダレン・スミス(dr)、バリー・ドナヘイ(ba)の4人です。本作も前作同様、日本盤とカナダ・ヨーロッパ盤とで収録曲が異なります。具体的にはカナダ・ヨーロッパ盤の"Wasted Time"、"Without You"、"What I Do"、"New Religion"の4曲が、日本盤では"Reload"、"Tables Turning"、"Seas Of Dissension"、"Never Have It All"に差し替えられており、曲順もかなり違っています。しかし、全10曲中4曲も違うとなると、オリジナル・アルバムの意味ってなんなのだろうかと考えてしまう。たとえばツェッペリンの1枚目、万国共通で"Good Times Bad Times"から始まって"How Many More Times"で終らないとおかしいし、"Black Mountain Side"の後に"Communication Breakdown"が来るからカッコいいわけでしょ?違うかな?収録曲の選択から曲順・曲間時間の設定にまで気を遣って、ベストの答えを出した結果がオリジナル・アルバムなんじゃないの?それが作品というものでしょう。CDの時代だからとか、配信の時代だからとか、そんなことに関係なく、音楽の作り手としてのミュージシャンとはそういうものだと思うけど。各国でより売れそうなバージョンを作るとか、やたらにコンピ盤を作るとか、このバンドの姿勢にはどうしても首を傾げてしまいます。

以下は日本盤を基にしてのレビューですが、各曲ともポップでキャッチー、しかもコンパクトで聴きやすくなっています。ギターの歪み具合がやや浅くなったこともあり全体に軽快な印象。ただメロディの質が微妙に変わって、なんだか少しチープトリックみたいになったかな。なお、#7"Sometimes I Wish"は珍しくバリー・ドナヘイがリード・ボーカルを担当していますが、声がハリー・ヘスに近くて違和感ありません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. So Blind (Hess / Lesperance)
02. Climb The Gate (Hess / Lesperance)
03. Reload (Hess / Lesperance)
04. Tables Turning (Hess / Lesperance)
05. Turn Around (Hess / Lesperance)
06. Seas Of Dissension (Hess)
07. Sometimes I Wish (Hess / Lesperance)
08. Never Have It All (Hess / Lesperance)
09. Lying (Hess / Lesperance)
10. In My State Of Mind (Hess)

■Personnel
Harry Hess – vocals, keyboards
Pete Lesperance – guitars, keyboards, backing vocals
Barry Donaghy – bass, backing vocals, lead vocals on "Sometimes I Wish"
Darren Smith – drums, backing vocals

Producer - Harry Hess, Pete Lesperance

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ