メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

Second to None / Eclipse (2004)

0404Second To None









エリック・モーテンソン率いるスウェーデンのハードロック・バンドEclipseの2ndアルバム。エリック・モーテンソン(Vo, G)とマグナス・ヘンリクソン(G)は変わりませんが、ベースはフレドリック・フォルケ(Unleashed)、ドラムはマグナス・ウルフステットとなっています。他にサポート・メンバーとして、前作に続いてキーボードのマッツ・オラウソン、バック・ボーカルにヨハン・ファールベリ(Jaded Heart)が参加しています。

いかにもスウェーデンのメロディアスハードらしい音楽性でデビューしたEclipseですが、本作は1stに比べて若干ヘヴィさが増しているようです。それは良いとしても、メロディの魅力がイマイチで、曲の展開もちょっとチグハグかなと感じました。たとえば#1"Always Standing"のサビなんかはどう聴いても素っ頓狂だし、タイトル曲#3"Second to None"もヴァースはいいもののサビはあまりカッコいいとは言えないし、#5"I'll Ask for You"はやや退屈とさえ感じました。先走ってしまいますが、次作Are You Ready to Rockは文句無しの傑作となるわけで、本作はそこに至る試行錯誤の産物ではないかと思います。とは言うもののこのアルバムだって、そんじょそこらのバンドの及ばない高品質なもので、決して駄作・凡作の類ではありません。特に演奏面ではマグナス・ヘンリクソンのギターがますます本領発揮でブッ飛びまくっていて、これには思わずニヤニヤしてしまいます。

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Always Standing (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
02. All I Do (Erik Mårtensson)
03. Second to None (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
04. Streets of Gold (Erik Mårtensson)
05. I'll Ask for You (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
06. Nothing Between Us (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
07. Road to Forever (Erik Mårtensson)
08. Body and Soul (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
09. Light of Day (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
10. Season of Life (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
11. Better World (Erik Mårtensson)
Bonus Track
12. Masterpiece Girl (Erik Mårtensson) 

■Personnel
Erik Mårtensson - Vocals, Guitar
Magnus Henriksson - Lead & Rhythm Guitar
Magnus Ulfstedt - Drums
Fredrik Folkare - Bass

Mats Olausson - Hammond, Mellotron, Synthesizers
Johan Fahlberg - Background Vocals

Producer - Eclipse

Surface of Pain / Masquerade (1994)

0403Surface Of Pain









スウェーデンのハードロック・バンドMasqueradeの2ndアルバム。1stは全盛期TNTそのまんまの透明感溢れる北欧メタル/ハードポップをやっていましたが、本作は一転してグランジ/オルタナ路線に舵を切り、ヘヴィで濁った音の洪水となってしまいました。トニー・ハーネルばりのハイトーン・ボーカルもやけにワイルドなものに変わりました。当時賛否両論の意見があったようですが、筆者は完全に否の方です。音の好みということもさることながら、このバンドの姿勢に首を傾げざるを得ません。TNTの物真似でデビューして、そのTNTが解散すると今度は時流に乗ってグランジ化するという主体性の無さ、節操の無さには呆れてしまいます。同時代・同世代のバンドの物真似という点ではEmerald Rainと共通していますが、あちらは本家のHarem Scaremが音楽性をいろいろ変えても最後まで同じ路線を貫くという潔さがあるだけマシでした。Masqueradeは本作の後に3rdも出しているようですがもう聴く気はしません。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。 

■Tracks
01. Judas Kiss
02. Say Your Prayer
03. State Of Grace
04. Suffering
05. End Of Nothing
06. America
07. God Of Man
08. Violation
09. Feels Good
10. Wasteland
11. Mercy Me
12. Free My Mind
All songs written by G:son, Yoanson

■Personnel
Tony Yoanson - Voice, Additional Acoustic Guitars, Tambourine, Backing Vocals
Thomas G:son - Guitars, Keyboards, Hammond Organ, Backing Vocals
Marco Tapani - Drums, Jews Harp
Henrik Lundberg - Bass

Magnus Strömberg - keyboards
Bengan - sampling and programming
U. Andersson - backing vocals
P.O. Pettersson - backing vocals
Y. Frank - additional programming
R. Lahti - tape recorder keyboard

Producer - Thomas G:son, Tony Yoanson

Lionville / Lionville (2011)

0402Lionville









イタリア人ミュージシャンのステファノ・リオネッティによるメロハー/AORプロジェクトLionvilleの1stアルバム。シーンのキー・パーソンの一人であるアレッサンドロ・デル・ヴェッキオをブレーンに迎え、更にピエルパオロ・モンティとラーズ・サフサンドを加えた4人がバンドの基本ラインナップとなっています。ラーズ・サフサンドがメイン・ボーカルを担当していることもあって、Work of Artに似通った高揚感重視の明るいサウンドとキャッチーなメロディが堪能でき、メロハー愛好家なら大満足すること請け合い。Work of Artよりはメロハー色が強い印象です。名曲・佳曲がぎっしり、しかも歌唱・演奏は完璧、これは傑作間違いなしでしょう!曲ごとに数多くのミュージシャンが参加しており、ここでは紹介しきれませんが、フンフンと頷きながらクレジットを確認するのも一興です。

01. Here by My Side
(Music:S. Lionetti  Lyrics:P. Monti, L. Säfsund, A. D. Vecchio)
オープニングにふさわしく明るく高揚感に満ちた曲。本作の基本となる路線です。ヴァース~ブリッジ~コーラスと全て珠玉のメロディで、これはもちろん名曲でしょう。ギター・ソロはイントロがステファノ・リオネッティ、中間がアンドレア・マッダローネ(New Trolls)、アウトロがブルース・ガイチ。

02. With You
(Music:S. Lionetti  Lyrics:P. Monti, L. Säfsund, R. Säll, A. D. Vecchio)
#1と同傾向のナンバーで、ブレイクからサビに入るところが最高にカッコいい!これも名曲!ギター・ソロはイントロがステファノ・リオネッティで、メインはアンドレア・マッダローネです。

03. Centre of My Universe
(Music:S. Lionetti  Lyrics:P. Monti, L. Säfsund, A. D. Vecchio)
TOTOっぽいグルーヴィなリズムが心地良いライトAORナンバー。ステファノ・リオネッティとのデュエットですが、ステファノさんもソウルフルで中々にいい感じです。1stギター・ソロはステファノ・リオネッティ、2ndソロはブルース・ガイチ。

04. Thunder in Your Heart
(Music & Lyrics:L. Macaluso, G. Sklerov, J. Esposito)
ジョン・ファーナム(Little River Band)のカバー曲。数少ないマイナー・キーの曲ですが、哀愁や暗さはよりやはり高揚感を感じさせます。ギター・ソロはマリオ・ペルクダーニ(HungryHeart)。

05. The World Without Your Love
(Music:R. Marx, B. Gaitsch  Lyrics:A. Sky)
リチャード・マークスとブルース・ガイチ作のバラード。春の日差しのような暖かさが伝わってくる名曲です。ギター・ソロはイントロがステファノ・リオネッティ、アウトロはブルース・ガイチ自身が担当しています。

06. Power of My Dreams
(Music:S. Lionetti  Lyrics:P. Monti)
#1と同じ路線の爽快感溢れるナンバー。ラーズ・サフサンド&ステファノ・リオネッティのツイン・ボーカルです。ギター・ソロはメインがアンドレア・マッダローネ、アウトロがステファノ・リオネッティ。

07. No End in Sight
(Music:S. Lionetti  Lyrics:P. Monti, L. Säfsund, R. Säll, A. D. Vecchio)
穏やかな小品といった印象の曲。他に比べてややメロディが地味かな。リズム・ギターはスヴェン・ラーション(Street Talk)、リード・ギターはステファノ・リオネッティ。

08. The Chosen Ones
(Music:T. Denander, S. Putki, S. Lionetti  Lyrics:P. Monti, L. Säfsund)
これも#1と同じ路線の曲で、トミー・デナンダーがライティングとギター・ソロで参加しています。デュエット相手の女性シンガーはアラベラ・ヴィタンク(Alyson Avenue)、ツイン・ボーカルということもあって爽快感、高揚感がMaxに達してます。まあ、気持ち良いことこの上ない名曲ですな。

09. Over and Over Again
(Music:S. Lionetti  Lyrics:P. Monti, S. Lionetti)
ゆったりとしたAORバラード。ボーカルはステファノ・リオネッティ。この人も歌が上手いので、ゲスト・ボーカルなしでも十分やっていけるんじゃないかな。ギター・ソロはスヴェン・ラーションが弾いています。

10. Dreamhunter
(Music:S. Lionetti, A. D. Vecchio  Lyrics:P. Monti, L. Säfsund, R. Gazzaniga, A. D. Vecchio)
#1路線の爽快系メロハー。コーラスのメロディがえらくキャッチーで思わずウキウキ気分になります。ギター・ソロはマリオ・ペルクダーニ。

11. Say Goodbye
(Music:S. Lionetti  Lyrics:P. Monti, L. Säfsund, A. D. Vecchio)
本編のラストはアコースティカルなバラード。切々とした美しいメロディが印象的です。

12. The World Without Your Love (Avenue AOR Version)
13. No End in Sight (Alternative Version)
14. Say Goodbye (Acoustic Version)

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
Stefano Lionetti - Lead & Backing Vocals, Guitars

Lars Säfsund - Lead & Backing Vocals
Alessandro Del Vecchio - Keyboards, Backing Vocals
Pierpaolo "Zorro11" Monti - Drums, Percussion

Mario Percudani - Guitars
Andrea Maddalone - Guitars
Anna Portalupi - Bass
Amos Monti - Bass

Arabella Vitanc - Lead & Backing Vocals
Erik Mårtensson - Backing Vocals
Bruce Gaitsch - Guitars
Tommy Denander - Guitars
Sven Larsson - Guitars

Producer - Alessandro Del Vecchio
Executive Producer - Alessandro Lionetti, Gregor Klee

Hunting Shadows / Last Autumn's Dream (2007)

0401Hunting Shadows









2007年リリースのLADの5thアルバム。メンバーは前作と同じくミカエル・アーランドソン(Vo, Key)、アンディ・マレツェク(G)、マルセル・ヤコブ(B)、ジェイミー・ボーガー(Ds)の4人ですが、やはりアンディ・マレツェクはリード・パートだけで、リズム・ギターはマルセル・ヤコブが担当しています。また、#4"I'm Not Supposed to Love You Anymore"のキーボードとギター・パートはヨラン・エルムクエスト(Bam Bam Boys, Alfonzetti )が担当しています。国内盤ライナー・ノーツによると、2007年6月にバンド初のライブを日本で行い、その経験・成果を元に制作されたアルバムだそうです。なるほど全体にバンド感が増し、これまでよりハードでエッジの立ったサウンドとなった印象。アップ・テンポの曲が増え、マルセル・ヤコブのテクニカルでメロディックなプレイが前面に出ているのも特色です。

楽曲は概ねこれまで以上に強力で、LADのウリである甘く切ないメロディの魅力を十二分に味わうことができます。アルバム2、3枚でアイディアが枯渇して、メロディの使いまわしやマンネリ化に陥るバンドもあるのに、年1枚のペースでアルバムをリリースして、ほとんどの曲が名曲・佳曲レベルというのは本当に凄いですね。大半がミカエル・アーランドソン、クラエス・アンドレアソン、トルビョン・ヴァッセニウスのチーム作ですが、大したメロディ・メイカーだと思います。全12曲中ジェイミー・ボーガーの曲が3曲と増えましたが、これがまた中々の出来。ただし、ボーナス・トラックの#12"Match Made in Heaven"は、クレジットを見るとおそらく日本のバンドBeagle Hat作だと思いますが、全く好みに合わず感心できません。以前のアルバムでもこのバンドの曲を取り上げていたけれど、自前で良い曲が作れるのに、またアンディ側の曲を全く取り上げていないのに、なんでわざわざこういう面白みに欠ける曲を入れちゃうのかな。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Strange Operation (C. Andreasson, M. Erlandsson, J. Sahlen, T. Wassenius)
02. Rainbow Sky (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
03. My Alibi (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
04. I'm Not Supposed to Love You Anymore (Music : J. Borger  Lyrics : J. Borger, J. S. Soto)
05. Lost in Moscow (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
06. R U Ready to Rock 'N Rol (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
07. Serenity (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
08. War of Your Worlds (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
09. Save Our Love (J. Borger)
10. Every Beat of My Heart (J. Borger)
11. Overnight Sensation (C. Andreasson, M. Erlandsson, J. Sahlen, T. Wassenius)
12. Match Made in Heaven [Bonus Track]  (Music : H. Tanaka, T.Kurashina  Lyrics : C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)

■Personnel
Mikael Erlandsson – Lead Vocals, Keyboards
Andy Malecek – Guitars
Marcel Jacob – Bass, Rhythm Guitars
Jamie Borger – Drums

Göran Elmquist – Piano, Keyboards, Guitars, Guitar Solo on #4

Producer – Mikael Erlandsson, Marcel Jacob, Claes Andreasson
Producer – Jamie Borger, Marcel Jacob (#4, 9, 10)
Executive Producer – Ulf Wahlberg, Claes Andreasson, Torbjörn Wassenius

傑作 40/400

レビューしたアルバムが400枚となりました。301~400枚目までで筆者の評価で★5つの「傑作」としたのは以下の22枚です(掲載順)。

Sin-Decade / Pretty Maids (1992)
Demons Down / House of Lords (1992)
Calm Before the Storm / Dare (1998)
Secret Love / Crossfade (2011)
Last Tiger / Change of Heart (2016)
Snakecharmer / Snakecharmer (2013)
Millenium / Millenium (1997)
Dead Man's Shoes / FM (1995)
II / Houston (2013)
Cockroach / Danger Danger (2001)
On the Rise / On the Rise (2003)
Collaboration / Street Talk (1997)
Endangered Species / White Wolf (1986)
One Live - In Stockholm / W.E.T. (2014)
Slippery When Wet / Bon Jovi (1986)
D Frosted / Gotthard (1997)
Earthshaker / Y&T (1981)
Brother Harmony / The Nelsons (1998)
Yeah / Radioactive (2003)
Loveland / John Sykes (1997)
Carousel / Crossfade (2018)
When Angels Call / Heartland (1999)

これまでに「傑作」とした85枚と今回の22枚を合わせて計107枚、その中から再度40枚を選び直した傑作40/400=筆者の選ぶメロハー名盤は以下のとおりです。(アーティストのアルファベット順)

Alien / Alien (1988)
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ