メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

Perplexed in the Extreme / Emerald Rain (2001)

0344Perplexed In The Extreme









カナダのメロディアス・ハードロック・バンド、Emerald Rainの3枚目のオリジナル・アルバムです。レコーディング・メンバーはマーレイ・デイグル(Vo)、マイク・デミトロヴィック(Gt)、ショーン・グレゴリー(B)の3人は前身バンドPainからずっと同じ。ドラムはまたまたチェンジしていて、今回は正規メンバーではなく、カナダ人セッション・ドラマーのランディ・クックが参加しています。この人はリック・エメット、リー・アーロンなどの多くのアルバムでプレイしているベテランです。

サウンドのほうは今回もやっぱりHarem Scaremそっくりです。Emerald Rainが活動していた90年代後半から2000年代前半というと、本家のほうはグランジに寄ったりパワー・ポップ化したりバンド名を変えたりと迷走していたわけですが、面白いことにこのバンドは全くブレがありません。Mood Swings の頃のHarem Scaremが乗り移ったように曲を作り、ハーモニーを組み立て、プレイしています。今回も駄曲は無いし、歌唱も演奏も相変わらずの高水準だし、Harem Scarem好きのリスナーなら泣いて喜びそうな内容なんです。しかし、ここまでマネっこしながら何枚もアルバムを作り続けるモチベーションと情熱は、いったいどこから来るのでしょうか。謎です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. You
02. Open Up Your Eyes
03. Badlands
04. Wasted Time
05. Numb
06. You Do It to Yourself
07. Just Like Anyone
08. Is This Love
09. Until You're Blind
10. Live It All Again
11. Easy Come, Easy Go [Bonus Track]
All songs music & lyrics by Emerald Rain

■Personnel
Murray Daigle – Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars, Keyboards, Finger Cymbals
Mike Dmitrovic – Lead & Rhythm Guitars, Backing Vocals, Keyboards
Sean Gregory – Bass Guitar, Backing Vocals
Randy Cooke – Drums

Producer - Murray Daigle, Mike Dmitrovic, Sean Gregory

II / Houston (2013)

0343II









スウェーデンのメロハー・バンドHoustonの2枚目のオリジナル・アルバム。Relaunchと題されたカバー・アルバムはオリジナル・アルバムとは別にシリーズ化しているようです。これまではフレディ・アレン(ds)、ハンプス・ハンク・エリックス(vo)の2人組でしたが、本作では裏方だったプロデューサー兼キーボードのリッキー・B・デリンもメンバーとしてクレジットされています。ブックレット裏面には、若者2名とおっさん1名が並んでいる写真があしらわれていて、なんだか違和感ありまくり。それはそれとして、ほぼ全曲をリッキー・B・デリンとドラムのフレディ・アレンが書き、アレンジとプロデュースはリッキー・B・デリンが担当、またトミー・デナンダーがほとんどのギター・プレイに加えプロデュースとアレンジの一部を担う等、過去の作品と同様の制作体制となっています。

さて、1作目Houston も2作目Relaunch も少しモヤモヤの残るアルバムでしたが、今回はまったくもって素晴らしい出来!何より曲が良く、名曲・佳曲がてんこ盛りの満塁ホームラン状態です。難点は相変わらず音が薄っぺらなこと。毎回こうなのは、やはり何か意図があるのでしょうか。ラジオから流れているような雰囲気の演出とか?まあ、とにかく曲が良すぎるのでこの際目をつぶることにしましょう。

#1"Glory"
印象的なキーボードに導かれてスタートする哀愁メロハー。ヴァースのメロディが特にいいですね。トミー・デナンダーのソロも冴えまくっています。
#2"I'm Coming Home"
爽快系ながらメロディには少しばかり切ない雰囲気もある佳曲。キーボードがもろに80年代風です。
#3"Return My Heart"
これも爽快系で、トミー・デナンダーが曲作り関わっています。他の曲もそうですが、厚みのあるバック・ボーカルのハーモニーが素晴らしいです。
#4"Talk to Me"
80年代風のキラキラしたサウンドと、センチメンタルでロマンチックなメロディが最高です。シンプルですがエモーショナルなギター・ソロはカーレ・ハマーによるもの。
#5"Back to the Summer of Love"
「サマー・オブ・ラブ」というと1967年のサンフランシスコをすぐに思い起こしますが、歌詞を見ると普通のラブ・ソングでした。郷愁を誘うメロディと甘酸っぱい歌詞が秀逸。本作のハイライトの1曲です。
#6"24 Hours"
ボーカルのハンク・エリックスがソング・ライティングに参加している曲。普通に良い曲なのですが、他が良すぎるためにちょっと目立たないかな。
#7"On the Radio"
哀愁たっぷりでありながらポップ、サビの切ないメロディとハーモニーが耳にこびりついて離れない!時代が時代なら、シングル・カットされて大ヒットしてもおかしくない名曲だと思います。
#8"Losing"
これまた出色の哀愁メロハー。ブリッジからサビにかけての盛り上がりにグングン惹きつけられます。
#9"Just Friends"
女性シンガーとのデュエット曲。おっさんにも「青春」なんて気恥ずかしい言葉を思い起こさせてしまうキリン・レモンのような曲ですな。何気ないけど名曲!
#10"Believe"
爽快系なのにどこか胸キュンなメロディとアンサンブルが素晴らしい。間奏のキーボード・ソロがいい雰囲気です。

楽曲もハンク・エリックス君の歌声も、今の若い世代にも十分アピールできると思うけれど、マイナーな存在に留まっているのが哀しいです。日本盤も出てないみたいだし。こういう音楽が世界中の若者に支持されて、CMや映画・ドラマに使われたり、「アリーナ・ロック」にふさわしく大会場をまわるツアーができるような状況になってもらいたいものです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Glory (Allen, Delin)
02. I'm Coming Home (Allen, Delin)
03. Return My Heart (Delin, Denander)
04. Talk to Me (Allen, Delin)
05. Back to the Summer of Love (Allen, Delin)
06. 24 Hours (Erix, Delin)
07. On the Radio (Hammar, Delin)
08. Losing (Allen, Delin)
09. Just Friends (Allen, Delin)
10. Believe (Delin)

■Personnel
Hampus Erix - lead and backing vocals
Ricky B. Delin - keyboards, backing vocals
Freddie Allen - drums

Soufian Ma'Aoul - bass guitar
Tommy Denander - guitars (1, 2, 3, 5, 8, 9, 10)
Calle Hammar - guitars (4, 6, 7), keyboards (7)
Jay Cutter - keyboard intro loop (6)
Minnah Karlsson - duet vocal (9)
Victor Lundberg - backing vocals (4, 7)
Kristoffer Lagerström - backing vocals (3)
Geir Rönning - backing vocals (3)
Jessa Slatter - backing vocals (3)
Catharina Lindqvist - spoken voice (7)

Producer - Ricky B. Delin

King Biscuit Flower Hour / Streets (1997)

0342King Biscuit Flower Hour









元Kansasのスティーヴ・ウォルシュと元City Boyのマイク・スラマーが結成したStreetsのライヴ盤。リリースはずいぶん遅く1997年になってからですが、1983年10月28日米国ピッツバーグでのコンサートを収録したもので、「King Biscuit Flower Hour」というラジオ番組で放送されています。この番組用に録音された数多くのアーティストのライヴ音源が「King Biscuit Flower Hour Records」レーベルからリリースされていて、本作もそのうちの1枚というわけです。収録されたコンサートはStreetsの1stアルバム発売に伴う最初のツアー時のもので、セットリストはは1st収録曲のみとなっています。ただし、#8"Shake Down"、#10"I'm Not Alone Anymore"、#11"Streets of Desire"の3曲はアルバム未収録です。

内容的には一言で言ってライヴらしいライヴ。ロック・コンサートの熱気、勢いを十二分に感じることができます。演奏も歌唱もいい意味で粗いのですが、この当時のスタジオ録音盤特有のわざとらしい音響的ギミックがない分、筆者としてはむしろこっちの方が好きですね。バンドの演奏力の高さがスタジオ盤以上に示されています。ソウルフルなスティーヴ・ウォルシュのボーカルはパワー全快、マイク・スラマーのギターもラフでワイルドで縦横無尽、リズム・セクションもダイナミックで、まさにバンドの本領発揮と言うほかありません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. If Love Should Go (Steve Walsh/Mike Slamer)
02. Move On (Steve Walsh)
03. One Way Street (Steve Walsh)
04. Everything Is Changing (Steve Walsh)
05. Cold Hearted Woman (Marty Conn)
06. So Far Away (Steve Walsh)
07. Lonely Woman's Cry (Steve Walsh)
08. Shake Down (Steve Walsh)
09. Fire (Steve Walsh/Mike Slamer/Tim Gerht)
10. I'm Not Alone Anymore (Steve Walsh)
11. Streets of Desire (Steve Walsh)

■Personnel
Steve Walsh - vocals, keyboards
Mike Slamer - guitars
Billy Greer - bass, lead vocals on "Cold Hearted Woman"
Tim Gerht - drums

Horizons / Faithfull (2008)

0341Horizons









ポルトガルのメロハー・バンドFaithfull、5年ぶりの2ndアルバムです。1stは日本盤も発売されていましたが今回は無し。日本ではあまり売れなかったのかもしれません。この2ndも基本路線は前作同様に明朗なハードポップで、Danger Danger、Terra Novaあたりを想起させる曲調とサウンドです。ただ、小ぢんまりとおとなし目だった演奏が、グッとタイトでダイナミックになっています。また楽曲の出来も向上しバリエーションも1stより豊かになって、全体にワンランク上がった印象。ジョン・ボン・ジョヴィやポール・レインを粘っこくしてクラウス・マイネをプラスしたようなボーカルも個性的でイイ感じです。アルバム後半はやや息切れ気味となるものの、心地よい爽快系メロハー#1"Time Flies"、#2"Somehow"、#7"Blindfold"、リフやメロディがHarem Scaremを思わせる#3"Save the Clowns"、ちょっとScorpions風の#4"In My Defense"、#6"Do You Give a Damn"など佳曲も多く、聴いて損はありません。3枚目も聴いてみたいところですが、残念ながらバンドは活動停止か解散したらしく、今のところ本作以降のアルバム発表はありません。バンド・メンバーのうち、ルイ・マーティンズ(gt)とマリオ・バルボサ(b)はIntuitiveというバンドを結成、アルバムもリリースしているようですのでいつか聴いてみたいと思っています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Time Flies (Music & Lyrics: R. Martins)
02. Somehow (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
03. Save the Clowns (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
04. In My Defense (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
05. Who's the Face (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
06. Do You Give a Damn (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
07. Blindfold (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
08. The Best of Me (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
09. "Never" Came Today (Music: R. Martins, Lyrics: S. Sabino)
10. You Walked Away (Music: R. Martins, Lyrics: Liliiana Pereira)

■Personnel
Sabino – vocals, backing vocals
Martins – guitars, backing vocals
Barbosa – bass
Ramos – drums

Liliiana Pereira - backing vocals
Rui Rocha - keyboards on 1, 4, 6, 8, 9, 10
Julio Guerreiro - keyboards on 2, 5

Producer - Faithfull

Struck Down / Yesterday and Today (1978)

0340Struck Down









アメリカン・ハードロック・バンドYesterday and Todayの2ndアルバム。レコーディング・メンバーは1stと同じくデイヴ・メニケッティ(Vo/Gt)、ジョーイ・アルヴィス(Gt)、フィル・ケネモア(B)、レオナード・ヘイズ(Ds)の4人です。サウンドは基本的に前作と同様の、いい意味でラフで荒々しいもの。アメリカン・ハードとは言ってもチャラャラした感じや悪ふざけ的要素が全く無いところに好感が持てます。1曲目のタイトル・チューン"Struck Down"に典型的なように、MountainだとかMontrose、あるいはイギリスのFreeなども想起させるようなヘヴィさ(今風のヘヴィネスとは違う)が特徴ですね。前作と比べると、看板のデイヴ・メニケッティのギターの泣きの要素が強まり、より叙情的になってきた印象があります。それから、レオナード・ヘイズのドラムがとにかく重くてカッコいい!このバンドのサウンドをより強力なものにするのに大きく貢献していると感じます。ツーバスのように聴こえるけど実はワンバスでやっているというのがまた凄い。

Yesterday and Todayの1stと2ndアルバムは、洗練とは程遠く、また当時としてもやや古臭さいサウンドと受け止められたかも知れません。しかし、次作の名盤Earthshakerで一気にジャンプすることになるY&Tの、ホップとステップとしてぜひ聴いておきたい作品だと思います。
 
評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Struck Down (Lyrics : L. Haze  Music : D. Meniketti)
02. Pleasure in My Heart (Lyrics : L. Haze  Music : D. Meniketti)
03. Road (Lyrics : L. Haze  Music : D. Meniketti)
04. Nasty Sadie (Lyrics : L. Haze  Music : D. Meniketti, J. Alves)
05. Dreams of Egypt (Lyrics : L. Haze  Music : D. Meniketti)
06. Tried to Show You (Lyrics & Music : D. Meniketti)
07. I'm Lost (Lyrics : D. Meniketti  Music : D. Meniketti, L. Haze, P. Kennemore)
08. Stargazer ( Round & Round ) (Lyrics & Music : P. Kennemore)

■Personnel
Dave Meniketti - Guitar, Lead Vocals
Joey Alves - Guitar, Backing Vocals
Phil Kennemore - Bass, Backing Vocals
Leonard Haze - Drums, Percussion, Backing Vocals

Cherie Currie - Backing Vocals on #6
Galen Cook - Organ on #8
Robert Russ - Piano on #8

Producer – Jimmy Robinson, Yesterday and Today
Executive Producer – Albert Louis Bramy

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ