メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Forbidden Colors / Harlan Cage (1999)

0326Forbidden Colors









アメリカのメロハー/AORバンドHarlan Cageの3rdアルバム。前2作ではL.A.グリーン(Vo, G)とロジャー・スコット・クレイグ(Key, Vo)の二人のユニットでしたが、本作ではこれまでサポート扱いだったビリー・リースギャング(G)がメンバーとしてクレジットされています。なお、ライナーノーツによるとベース担当としてクレジットのあるWilhelm Wannabe Remarkableはビリー・リースギャングの変名だそうです。プロデュースはロジャー・スコット・クレイグです。

本作もいつも通り、これでもかっていうほど哀愁たっぷりの路線です。楽曲が似通っていて「聴いたことある」感が半端じゃありません。もう、どの曲がどのアルバムに入っていたのか分からなくなるくらいです。褒め言葉にするなら、それだけ揺るぎない音楽性ということでしょう。前身バンドFortuneのセルフ・カバー#3"Thrill Of It All"が収録されていますが、そのFortune時代から音楽性は一貫しています。今回ちょっと異色なのは、#8"Feel The Wheel"、#10"Late Night Escapades"、#13"What A Fool I've Been"とやけにハードな曲が3曲もあること。このバンドにこういう音は求めていないわけで。うるさいからやめてほしい。一方、#2"Chinatown"、#7"A Little Rain"、#11"Before The Night Is Gone"などは洗練されたライトAOR路線で、都会の夜景にピッタリのムードです。やっぱりこっちの方が魅力的。この路線メインで行ってくれたら嬉しいんだけどなぁ。

本作のバッキングを務めるサポート・ミュージシャンをざっと見ておくと、ギターに前2作にも参加していたマイケル・ターナー、ドラムはThe StormやGregg Rolie Bandでプレイしているロン・ウィクソ。それから、バック・ボーカルに前作に引き続きAOR系セッション・ボーカリストのトミー・ファンダーバークが加わっています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Sunday Bride
02. Chinatown
03. Thrill Of It All
04. Can't Tame The Raven
05. Hard Yellow Line (You Lied To Me)
06. Last Plane Out
07. A Little Rain
08. Feel The Wheel
09. Making My Way Back To You
10. Late Night Escapades
11. Before The Night Is Gone
12. Two Ships In The Night
13. What A Fool I've Been [Bonus Track]
All songs written by Roger Scott Craig & L. A. Greene

■Personnel
L. A. Greene - Vocals, Guitars
Roger Scott Craig - Keyboards, Vocals
Billy Liesegang - Guitar (except #2)

Ron Wikso - Drums
Wilhelm Wannabe Remarkable - Bass
Michael Turner - Guitar on #2
Tommy Funderburk - Backing Vocals
Chris Julian - Backing Vocals
Judy Mass - Violin on #4
Scott Joss - Fiddle on #4

Producer - Roger Scott Craig

In Progress / Work of Art (2011)

0325In Progress









スウェーデンのメロハー/AORバンドWork of Artの2ndアルバム。メンバーは前作同様ロバート・サール(Gt)、ラーズ・サフサンド(Vo)、ハーマン・フリン(Ds)のトリオ編成で、ベースと一部キーボードはサポート・メンバーが担当しています。また、#11"Castaway"は曲作りと演奏にアンダース・リドホルム(Grand Illusion)が加わっています。音のほうは基本的に前作と同じ路線、つまりスウェーデンのバンドらしい清涼感のあるAOR寄りのメロディアスハード。明るくキラキラしたアレンジも前作同様です。ただ、TOTOっぽさが少し薄れて幾分ハードになった印象はあります。

収録曲全てが佳曲と言えますが、その中でも、空高く舞い上がるような爽快感が心地よい#1"The Rain"、#2"Nature Of The Game"、ちょっとハードでEclipseっぽい感じもある#4"Never Love Again"、#5"Eye Of The Storm"、#9"Emelie"、ポップで甘いメロディが印象的な#8"Call On Me"、本作の中ではTOTOの影響が最も顕著な#10"Fall Down"などが特に気に入りました。高揚感に溢れたメロディ、隅々まで神経の行き届いたスタイリッシュなアレンジ、安定感抜群のインスト・パート、そして透明感のある伸びやかなボーカル、全てが高い水準を示しています。ただ、前作にも同じことを感じたのですが、決定的な名曲が無い。耳に残って忘れようとしても忘れられないようなメロディというのが無いんです。たとえばFair Warningの"Burning Heart"とか、Tykettoの"Forever Young"とか、そういう曲が。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Rain (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari)
02. Nature Of The Game (music & lyrics: Robert Säll)
03. Once Again (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari/Robert Säll)
04. Never Love Again (music & lyrics: Robert Säll)
05. Eye Of The Storm (music & lyrics: Robert Säll)
06. Until You Believe (music & lyrics: Robert Säll)
07. The Great Fall (music & lyrics: Robert Säll)
08. Call On Me (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari)
09. Emelie (music : Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari/Robert Säll)
10. Fall Down (music & lyrics: Robert Säll)
11. Castaway (music : Anders Rydholm/Robert Säll, lyrics: Hanif Sabzevari)
12. One Step Away (music & lyrics: Robert Säll)
13. Fall Down (acoustic version ) [Japan bonus track]

■Personnel
Lars Säfsund - Vocals
Robert Säll - Guitars
Herman Furin - Drums

Keyboards & Programming - Work of Art

Andreas Passmark - Bass on #1, #2, #4, #6, #7, #8
Henrik Linder - Bass on #3, #9
Urban Danielsson - Bass on #5, #10
Jehad Hammad - Bass on #12
Anders Rydholm - Bass, Keyboards, Rhythm Guitars on #11
Jonas Gröning - Keyboard Solo on #3, #5, #8

Producer – Work of Art

7800° Fahrenheit / Bon Jovi (1985)

0324Fahrenheit










1985年にリリースされたBon Joviの2ndアルバム。1stに続き世界で300万枚も売れ、全米チャート37位を記録するヒット作となりました。メンバーはジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、リッチー・サンボラ(Gt)、デヴィッド・ブライアン(Key)、アレック・ジョン・サッチ(Ba)、ティコ・トーレス(Ds)、プロデューサーもランス・クインと前作と変わりありません。

前作には外部ライターが関わった曲が何曲かありましたが、本作はほとんどジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラを中心にバンドが書いた楽曲で占められています。そのせいかあるいはマイナー・キーの曲が多いためか、1stそして3rdに比べると地味で華がない印象があります。でも、#2"The Price Of Love"、#3"Only Lonely"、#7"The Hardest Part Is The Night"、#8"Always Run To You"などは、ちょっと感傷的で甘酸っぱい哀愁が感じ取れて、この時期のBon Joviならではの佳曲だと思います。まあ、あまり面白くない曲もいくつかあるので、総合評価としては傑作アルバムとは言いにくいかな。

なお、オリジナル盤の10曲に加えて、ライブ音源6曲入りの2枚組「1998 Special Edition」、ボーナス・トラックとしてライブ音源4曲を収録した「2010 Special Edition」もリリースされています。
 
評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. In And Out Of Love (Jon Bon Jovi)
02. The Price Of Love (Jon Bon Jovi)
03. Only Lonely (Jon Bon Jovi, David Bryan)
04. King Of The Mountain (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
05. Silent Night (Jon Bon Jovi)
06. Tokyo Road (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
07. The Hardest Part Is The Night (Jon Bon Jovi, Richie Sambora, David Bryan)
08. Always Run To You (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
09. To The Fire (Jon Bon Jovi, Richie Sambora, David Bryan)
10. Secret Dreams (Jon Bon Jovi, Richie Sambora, Tico Torres, Bill Grabowski)

1998 Special Edition bonus CD
01. Tokyo Road (Live in Japan, 1985)
02. In and Out of Love (Live in Japan, 1985)
03. The Hardest Part Is the Night (Live in Japan, 1985)
04. Silent Night (Live in Japan, 1985)
05. Only Lonely (Live in Japan, 1985)
06. Tokyo Road (Live in Rio de Janeiro, 1990)

2010 Special Edition bonus tracks
[Previously Unreleased: Recorded Live During The 7800º Fahrenheit Tour]
01. In and Out of Love (Live version)
02. Only Lonely (Live version)
03. Tokyo Road (Live version)
04. Silent Night (Live)

■Personnel
Jon Bon Jovi – Lead Vocals, Backing Vocals, Guitar
Richie Sambora – Electric Guitar, Acoustic 6 & 12 String Guitars, Backing Vocals
Alec John Such – Bass, Backing Vocals
Tico Torres – Drums, Percussion, Backing Vocals
David Bryan - Keyboards, Backing Vocals

Tom Mandel - Synthesizer
Jim Salamone - Programming
Randy Cantor - Programming

Producer – Lance Quinn

The Truth And A Little More / Eclipse (2001)

0323The Truth And A Little More









スウェーデンのメロハー・バンドEclipseの1stアルバム。このところ、ジェフ・スコット・ソート、ロバート・サールとのW.E.T.や、ロニー・アトキンスとのNordic Unionの他、プロデューサー、ソングライターとしても八面六臂の活躍を示し、すっかりシーンのキー・パーソンの一人となったエリック・モーテンソンのリーダー・バンドのデビュー作です。メンバーは、ボーカル、リズム・ギター、ベースを兼任するエリック・モーテンソンの他、リード・ギターのマグナス・ヘンリクソン、ドラムとキーボードのアンダース・ベルリンというトリオ編成。不完全な編成なのでメンバーだけではライブが出来ませんね。Work of Artといい、Houstonといい、近年のスウェーデンのバンドはこういう形態が多いのは何故なのかな。なお、本作は2001年にZ Recordsからリリースされましたが、既に廃盤となっていて再発もされず、長い間非常に入手しづらい状況が続いています。

さて音のほうですが、いかにも北欧風のすっきりしたメロディアス・ハードロック。先行するスウェーデンのバンドのエッセンスをあちこちに感じます。一番近いと思ったのはOut of This World、Prisoners in ParadiseのころのEuropeで、エリック・モーテンソンの声質と歌唱スタイルもその当時のジョーイ・テンペストを思わせるものがあります。もちろん曲ごとのバラエティは豊富で、様々なタイプの楽曲が楽しめます。特徴的なのは、曲のアレンジが凝っていてスタイリッシュなこと。これがこのバンドを個性的に感じさせるポイントでしょうか。メロディ・ラインよりアレンジ、アンサンブルが耳に残る感じです。その点ではWork of Artにも通じていると思いました。全曲が佳曲以上の出来で、デビュー作にしてこの充実ぶりはさすがはエリック・モーテンソンです。ただ、文句なしの名曲というレベルの楽曲はないのが残念。

リード・ギターのマグナス・ヘンリクソンは、上手い上にちょっとトリッキーなとろもあって中々面白いと感じました。#8"Songs Of Yesterday"ではゲストのキー・マルセロ(ex-Europe)がエモーショナルなギター・ソロを聴かせてくれ、マグナス・ヘンリクソンとの違いが見えて興味深いです。ゲストと言えば、マッツ・オラウソンが一部の曲でキーボードを弾いていますが、この人2015年に亡くなっていたんですね。知りませんでした。

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Midnight Train (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
02. The Truth (Erik Mårtensson)
03. The Only One (Anders Berlin/Erik Mårtensson)
04. Message Of Love (Erik Mårtensson)
05. I Believe In You (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson/Anders Berlin)
06. I Thought I Had It All (Erik Mårtensson)
07. The Way I Feel (Erik Mårtensson/Anders Berlin)
08. Songs Of Yesterday (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
09. A Little More (Erik Mårtensson)
10. Too Far (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson)
11. How Many Times (Erik Mårtensson)
12. I Won´t Hide (Erik Mårtensson)

■Personnel
Erik Mårtensson - Vocals, All Rhythm Guitars, Bass
Anders Berlin - Hammond Organ, Keyboards, Drums, Percussion
Magnus Henriksson - Lead Guitars

Mats Olausson - Lead Keyboards on #11, All Keyboards on #9
Kee Marcello  - Lead Guitar on #8
David "Galen Gotlänning"Wallin - Backing Vocals
Madeleine Johansson - Cello on #8, #12
Anneli Magnusson - Backing Vocals on #10, #12

Producer - Eclipse, Fredrik Folkare

Brother's Keeper / Fair Warning (2006)

0322Brother's Keeper









解散状態だったFair Warningの復活第一作。残念ながらアンディ・マレツェク(Gt)は再結成に加わっていませんが、トミー・ハート(Vo)、ヘルゲ・エンゲルケ(Gt)、ウレ・リトゲン(Ba)、C.C.ベーレンス(Ds)とオリジナル・メンバー4人が顔を揃えました。

久しぶりのFair Warningの新作ということで、期待は大きく膨らんでいましたが、#1"Don't Keep Me Waiting"を聴いた途端、その期待が裏切られなかったことを確信して嬉しかったです。今まで通りの分厚いサウンド、ドラマチックなメロディ、そして天空から降りそそぐギターの音色、全てにうっとりしてしまいます。これは文句なく名曲ですね。残りの楽曲も概ね出来が良く、アルバムを通してFair Warningらしさを十分に堪能できます。しかしながら、「あれ?なんか前に聴いたことがあるような」と感じる場面が少なからずあり、その点はちょっと失望を禁じえません。このバンドはメロディやフレーズの使い回しが以前からありました。本作ではそれがさらに増えています。過去作からか、DreamtideかはたまたZenoからか、一々確認はしていませんがあまり印象は良くありません。マンネリという声も聞かれますが、マンネリとはちょっと違うような気がします。作風や路線を大きく変えないという意味では、マンネリが必ずしも悪いとは言えないけれど、過去の楽曲のパーツのつぎはぎで曲を仕立てるのはミュージシャン・シップのレベルが低いことの表れだと思うのです。うーむ、この作品で初めてFair Warningを聴いたのなら間違いなく名盤と認定しただろうなぁ。。。なんとも複雑な感想を抱いてしまいました。

なお、本作の国内盤CDは、2006年オリジナル盤(13曲収録)が2種(ドキュメンタリー映像を収録したDVD付き初回限定盤とCDのみの通常盤)、2009年紙ジャケSHM-CD仕様(15曲収録で曲順も異なる)、2016年リマスター盤(12曲収録)が流通しています。毎度のことながら、あー、めんどくさ。。。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Don't Keep Me Waiting (Ule W. Ritgen)
02. Tell Me Lies (Helge Engelke)
03. In The Dark (Ule W. Ritgen)
04. Wasted Time (Ule W. Ritgen)
05. No Limit (Ule W. Ritgen)
06. Generation Jedi (Helge Engelke)
07. The Way (Ule W. Ritgen)
08. All Of My Love (Ule W. Ritgen)
09. Once Bitten Twice Shy (Ule W. Ritgen)
10. The Cry (Ule W. Ritgen)
11. All I Wanna Do (Ule W. Ritgen)
12. Rainbow Eyes (Ule W. Ritgen)
13. Push Me On (Ule W. Ritgen)

■Personnel
Tommy Heart – vocals
Helge Engelke – guitars
Ule W. Ritgen – bass
C. C. Behrens – drums

Producer – Fair Warning

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ