メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

The Gift / Mikael Erlandsson (2002)

0363The Gift









スウェーデンのボーカリスト、ミカエル・アーランドソンのソロ4作目。Last Autumn's Dream(LAD)結成前としては最後の作品ということになります。ソング・ライティングには、LADでもお馴染みのクラエス・アンドレアソンとトルビョン・ヴァッセニウスが加わるようになっており、ソロ活動からLADへの橋渡し的なアルバムとも言えそうです。プロデュースは1作目のThe 1 のマッツ・ペーションが再登板し、ウルフ・ヴァールベリはエグゼクティヴ・プロデューサーということになっています。

中身を見ていくと、過去作と同様のBeatlesやELO、60~70年代のポップスのエッセンスが感じられる音楽性ですが、楽曲の出来が押しなべて良く、これまでの集大成的なアルバムとなっています。懐かしさを感じさせるメロディとコーラス・ワークが印象的な#1"Out of Champagne"、この人としては珍しいR&B風バラード#4"Soul Is My Name"、やはりどこかレトロな#5"This Is Your Life"や#6"Million Dollar Girl"、甘いメロディにうっとりしてしまう#7"I Send You My Heart"、哀愁メロディとワウワウが70年代ロックを思わせる#10"Excuse Me Baby"、ハードポップという言葉そのままの爽快系疾走曲#12"24 Hours"、というように佳曲がぎっしり。蛇足ですが、#3"I Love You"の出だしのギターは早見優ちゃんの"夏色のナンシー"みたいでカワイイ。

ミカエル・アーランドソンのソロ作を聴いていつも思うのは、この人は本質的には「ポップス」をやろうとしているということ。つまりギターの歪み具合とかビートの激しさとか、そういうハードロック的要素は副次的なものに過ぎないということです。主眼を置いているのは、何よりポップでキャッチーな歌メロを作ること、その歌メロを最大限活かすアンサンブル、ハーモニーを組み立てることなのでしょう。彼のこのポップス指向はLADにも引き継がれていきます。2000年代以降に出てきたメロハー・バンドは、80年代に「産業ロック」と揶揄されたようなサウンドを現代風に蘇らせたものが多い中、LADが一味違うのはミカエルあってこそだろうと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Out of Champagne (music : Mikael Erlandson  lyrics : Aymeric Desombre)
02. Stop (Following Me) (music&lyrics : Mikael Erlandson)
03. I Love You (music&lyrics : Torbjörn Wassenius, Claes Andreasson)
04. Soul Is My Name (music&lyrics : Mikael Erlandson)
05. This Is Your Life (music : Mikael Erlandson  lyrics : Aymeric Desombre)
06. Million Dollar Girl (music : Mikael Erlandson  lyrics : Mikael Erlandson, Torbjörn Wassenius, Claes Andreasson)
07. I Send You My Heart (music&lyrics : Mikael Erlandson)
08. My Day (music&lyrics : Torbjörn Wassenius, Claes Andreasson)
09. Stay (music : Mikael Erlandson  lyrics : Mikael Erlandson, Torbjörn Wassenius, Claes Andreasson)
10. Excuse Me Baby (music&lyrics : Mikael Erlandson)
11. Love's Got a Hold on Me (music : Mikael Erlandson  lyrics : Aymeric Desombre, Zanna Gregmar)
12. 24 Hours (music : Mikael Erlandson  lyrics : Aymeric Desombre, Zanna Gregmar)
[Japanese bonus track]
13. It's Gonna Be Alright (music&lyrics : Mikael Erlandson, Torbjörn Wassenius, Claes Andreasson)

■Personnel
Mikael Erlandsson - Lead & Backing Vocals, Keyboards, Acoustic Guitars
Mats "MP" Persson - Guitars, Keyboards, Bass
Jan Eliasson - Lead Guitar
Christer Jansson - Drums
Claes Andreasson - Acoustic Guitar
Torbjörn Wassenius - Acoustic Guitar

Producer - Mats "MP" Persson
Executive Producer - Ulf Wahlberg

D Frosted / Gotthard (1997)

0362D Frosted









スイスで国民的人気を誇るというハードロック・バンドGotthardのアコースティック・ライブ・アルバムです。メンバーはスティーヴ・リー(vo)、レオ・レオーニ(gt)、マーク・リン(ba)、ヘナ・ハーベッガー(ds)の4人。それに加えてサポート・メンバーとして、マンディ・メイヤー含めギター2本、キーボード、パーカション、合計8人という大編成で、録音はスイス国内3箇所(ルカーノ、チューリッヒ、ベルン)で行なわれています。

メロハー系バンドのアンプラグド物には傑作が多いという印象がありますが、その中でも本作はトップクラスの出来ばえだと思います。まず演奏が上手い。全員が異常に上手いです。もちろんスティーヴ・リーのボーカルもオリジナル以上に心に沁みてきます。熱唱に応える観客の大合唱・大歓声も地元ならではの盛り上がりです。アンサンブルも心憎いばかり。ギターをアコにしましたっていうだけでなく絶妙な再アレンジが施されており、何度聴いても聴き飽きるどころか聴くほどに味わいが増してきます。それから、録音が抜群に良いですね。音質もクリアだし分離もいいしバランスも完璧だし、これ本当にライブ録音なの?と疑いたくなるほど。ライナー・ノートを読むと、バンドはこの時のアンプラグド・ツアーに並々ならぬ意欲で臨んだらしく、そのことがよく伝わってきます。いや~、本当にいいバンドですGotthard!

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Sister Moon (Leoni/Lee/von Rohr)
02. Out on My Own (Leoni/Lee/von Rohr/Vergeat)
03. Father Is That Enough? (Leoni/Lee/von Rohr)
04. Let It Be (Leoni/Lee/von Rohr)
05. Hurry (Leoni/Lee/von Rohr/Vergeat)
06. Hole in One (Leoni/Lee/von Rohr)
07. Angel (Leoni/Lee/Lynn)
08. Love Soul Matter (Leoni/Lee/von Rohr/Vergeat)
09. Sweet Little Rock 'n' Roller (von Rohr/Maurer)
10. Hush (South)
11. Someday (Leoni/Lee/von Rohr/Vergeat)
12. One Life, One Soul (Leoni/Lee/von Rohr)
13. Get Down (von Rohr/Maurer)
14. Mountain Mama (Leoni/Lee/von Rohr)
15. I'm on My Way (Leoni/Lee/von Rohr)
16. Mighty Quinn (Bob Dylan) [Japanese Bonus Track]

■Personnel
Steve Lee – vocals
Leo Leoni – guitars, backing vocals
Marc Lynn – bass, backing vocals
Hena Habegger – drums

Mandy Meyer – guitars
Vic Vergeat – guitars, backing vocals
Andy Pupato – percussion
HP Brüggemann – keyboards

Producer - Chris von Rohr

Slippery When Wet / Bon Jovi (1986)

0361Slippery When Wet









近年、東京中野駅前で"Livin' on a Prayer"に合わせて踊る「盆ジョヴィ」にボン・ジョヴィ本人がSNSで反応して話題となっています。その"Livin' on a Prayer"も収録されたBon Joviの3rdアルバム。全世界でのアルバム累計販売は2800万枚という桁違いの数字となっており、全米ビルボードチャートでは8週間1位をキープしました。また、シングル・カットされた4曲のうち、"You Give Love a Bad Name"、"Livin' on a Prayer"はチャートの1位を獲得。ちなみに"Livin' on a Prayer"のPVのYouTubeでの再生回数は6億8千万回と、もう泣いていいのか笑っていいのか分からない数字ですな。この大ヒットの要因としては、本作から曲作りに関与するようになったデズモンド・チャイルドと、プロデュースにあたった大物ブルース・フェアバーンの功績が指摘されてきました。それはもちろんあるでしょうが、やはり一番はジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラが優秀なメロディメイカーであるということなんだ思います。それから、PVを見るとよくわかりますが、恵まれたルックスも含めてこのバンドが持つ「スター性」も大きいでしょう。煌びやかでありながら等身大の親しみやすさも感じさせるのが凄かったなぁとつくづく感じます。

さて、バンドの代表曲ともなった#3"Livin' on a Prayer"、まず歌詞がいいですね。社会の片隅で鬱屈した日々を過ごしながらも希望を失わないトミーとジーナの物語は、まるで短編小説のようだし、世界中の若者の共感を呼ぶ普遍性があると思います。うつむいて歩くようなヴァース、顔を上げて走り出すブリッジ、そして空に向かってジャンプするコーラスと、ドラマチックに展開する曲が歌詞にピッタリ合っています。ライブで観客の大合唱が必ず起きるのも頷ける、掛け値なしにロック史に残る名曲でしょう。この曲をはじめ、#2"You Give Love a Bad Name"などハードポップ調の曲が多いのですが、他にもルーツ・ミュージックの影響を強く感じさせる激シブ曲#5"Wanted Dead or Alive"、B・スプリングスティーンみたいな字余りフォークロック風の#10"Wild in the Streets"など曲調はバラエティ豊富、しかも名曲・佳曲ばかり。これはもう大名盤というほかありません。

なお、オリジナル盤の10曲に加えて、ライブ音源とスタジオ・アウトテイク計7曲入りの2枚組「1998 Special Edition」、ボーナス・トラックとしてライブ音源3曲を収録した「2010 Special Edition」もリリースされています。
 
評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Let It Rock (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
02. You Give Love a Bad Name (Desmond Child, Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
03. Livin' on a Prayer (Desmond Child, Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
04. Social Disease (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
05. Wanted Dead or Alive (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
06. Raise Your Hands (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
07. Without Love (Desmond Child, Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
08. I'd Die for You (Desmond Child, Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
09. Never Say Goodbye (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
10. Wild in the Streets (Jon Bon Jovi)

1998 Special Edition bonus CD
01. Wanted Dead or Alive (Live at Wembley 1995)
02. Livin' on a Prayer (Live/US 1987)
03. You Give Love a Bad Name (Live/US 1987)
04. Wild in the Streets (Live at Wembley 1995)
05. Borderline (Studio Outtake)
06. Edge of a Broken Heart (Studio Outtake)
07. Never Say Goodbye (Live Acoustic Version)

2010 Special Edition bonus tracks
01. You Give Love a Bad Name (Live Version)
02. Livin' on a Prayer (Live Version)
03. Wanted Dead or Alive (Live Version)

■Personnel
Jon Bon Jovi – Lead Vocals, Backing Vocals
Richie Sambora – Electric Guitar, Acoustic Guitar, Guitar Synthesizer, Talkbox, Backing Vocals
Alec John Such – Bass, Backing Vocals
Tico Torres – Drums, Percussion
David Bryan - Keyboards, Noises, Backing Vocals

Producer – Bruce Fairbairn

Fate / Fate (1985)

0360Fate









デンマークのヘヴィ・メタル・バンドMercyful Fateに在籍していたハンク・シャーマン(g)が中心となって結成されたメロハー・バンドFateの1stアルバム。他のメンバーはジェフ・リンボ (vo)、ピート・シュタイナー(b)、ボブ・ランス(ds)、プロデューサーはMercyful Fateを手がけたヘンリック・ルンドとなっています。音楽性としては、アメリカ指向のポップ・メタル、ハードポップというもので、同時代の多くの欧州のバンドが目指した方向性ですね。アメリカ指向と言っても、サウンドやメロディには我々が「北欧らしさ」と刷り込まれているキラキラ感はあります。ところが、ボーカリストの声や歌い方がそれを台無しにしている印象。小型室内犬みたいにキャンキャンしていてどうも好きになれません。まあ、曲も名曲・佳曲と言えるようなものは無いし。おまけに、これは直接バンドのせいではありませんが、80年代にありがちなリバーブかけ過ぎでダンゴになった音も、ちょっと度を越している感じ。銭湯の中で演奏しているのを外で聴いているようです。そんなわけで少なくとも本作に関しては高評価はできませんでした。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Love on tHe Rox (Music : Shermann/Steiner  Lyrics : Limbo)
02. Fallen Angel (Music : Shermann/Steiner  Lyrics : Limbo)
03. Rip It Up (Music : Shermann  Lyrics : Limbo)
04. Victory (Music : Shermann  Lyrics : Limbo)
05. Danger Zone (Music : Shermann  Lyrics : Limbo)
06. (She's Got) The Devil Inside (Music : Shermann  Lyrics : Limbo)
07. Downtown Toy (Music : Shermann  Lyrics : Limbo)
08. Do You Want It (Music : Shermann  Lyrics : Limbo)
09. Backdoor Man (Music : Steiner/Shermann  Lyrics : Limbo)
10. We're Hot (Music : Shermann  Lyrics : Limbo)

■Personnel
Jeff "Lox" Limbo – Vocals, Background Vocals
Pete Steiner - Bass, Keyboards, Background Vocals
Bob Lance - Drums
Hank Shermann - Guitars

Kasper Winding - Background Vocals

Producer - Henrik Lund

One Live - In Stockholm / W.E.T. (2014)

0359One Live - In Stockholm









Work of Artのロバート・サール(Key,G)、Eclipseのエリック・モーテンソン(G,Vo)、Talismanのジェフ・スコット・ソート(Vo)によるメロハー・プロジェクトW.E.T.のライブ・アルバム。2013年1月ストックホルムでのライブを収録しています。他のメンバーは、Eclipseのマグナス・ヘンリクソン(G)とロバン・バック(Ds)、Work of Artのレコーディングにも参加しているアンドレアス・パスマーク(B)という面々です。収録曲はW.E.T.のレパートリーの他に、Talismanの曲が2曲、Eclipseの曲が1曲、Work of Artも1曲でこれはラーズ・サフサンドがゲストで歌っています。更にボーナス・スタジオ・トラックとして2曲が収録されています。このボーナス・トラック、日本国内盤は3曲なんですが、欧州盤にはなんとライブDVDがついてくる!しかも安い!どちらのオマケがお得かは一目瞭然ですね。

W.E.T.の素晴らしさはスタジオ盤で経験済みなのですが、やはりライブならでは臨場感、生々しさが伝わってきて強い印象を受けます。反面、スタジオ盤と比べてしまうと、演奏の粗さや各パートのバランスの悪さを感じてしまうのもまた事実かなと。ただ、DVDを見てしまうとそういう細かいことは気にならなくなります。映像の力を改めて実感しました。高校生みたいなエリック・モーテンソン、ちょいワル風のマグナス・ヘンリクソン、相変わらず圧巻のパフォーマンスのJSS、みんなカッコいいです。アンコールでJSSのTシャツにマルセル・ヤコブの姿がプリントされているのを見て、思わずウルウルしてしまうなんていうのも映像があってこそ。客が意外に年齢高めだとか、会場が大きめのライブハウス程度だとかCDだけじゃ分からないし。それから、キーボード担当のロバート・サールがほとんど映っておらず、音もあまり聴こえないのが可哀相でした。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
[CD 1]
01. Walk Away (Erik Mårtensson/Robert Säll/Magnus Henriksson/Jeff Scott Soto)
02. Learn to Live Again (Robert Säll/Erik Mårtensson/Jeff Scott Soto/Johan Becker)
03. Invincible (Erik Mårtensson/Miqael Persson/Robert Säll)
04. I'll Be There (Erik Mårtensson/Miqael Persson/Robert Säll)
05. Love Heals (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson)
06. Rise Up (Erik Mårtensson/Robert Säll/Magnus Henriksson/Jeff Scott Soto)
07. Bleed & Scream (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson/Miqael Persson)
08. Bad Boy (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson/Johan Becker)
09. Still Unbroken (Erik Mårtensson/Jeff Scott Soto/Robert Säll)
10. Broken Wings (Erik Mårtensson/Miqael Persson/Johan Becker)
11. I'll Be Waiting (Marcel Jacob/Jeff Scott Soto)
[CD 2]
01. If I Fall (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson/Miqael Persson/Robert Säll)
02. Shot (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson)
03. Comes Down Like Rain (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
04. The Great Fall (Robert Säll)
05. What You Want (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
06. Brothers in Arms (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson/Miqael Persson)
07. Mysterious (Marcel Jacob/Jeff Scott Soto)
08. One Love (Erik Mårtensson/Vivien Searcy)
Bonus Studio Tracks
09. Poison (Robert Säll/Erik Mårtensson/Miqael Persson)
10. Bigger Than Both of Us (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
[DVD]
01. Walk Away
02. Learn to Live Again
03. Invincible
04. I'll Be There
05. Love Heals
06. Rise Up
07. Bleed & Scream
08. Bad Boy
09. Still Unbroken
10. Broken Wings
11. I'll Be Waiting
12. If I Fall
13. Shot
14. Comes Down Like Rain
15. The Great Fall
16. What You Want
17. Brothers in Arms
18. Mysterious
19. One Love

■Personnel
Jeff Scott Soto – Lead Vocals, Keyboards
Erik Mårtensson - Rhythm & Lead Guitar, Backing & Lead Vocals
Robert Säll - Keyboards, Guitar, Backing Vocals
Magnus Henriksson - Rhythm & Lead Guitar, Backing Vocals
Robban Bäck - Drums
Andreas Passmark - Bass

Lars Säfsund - Special Guest on Vocals on "The Great Fall"

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ